松本人志 瀬戸大也のコロナ禍での問題行動に疑問「感染経路が説明できないような行動はいかがなものか」

松本人志 瀬戸大也のコロナ禍での問題行動に疑問「感染経路が説明できないような行動はいかがなものか」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

ダウンタウンの松本人志(57)が18日、フジテレビ「ワイドナショー」に出演。女性問題により日本水連から年内の活動停止処分を受けた競泳男子の瀬戸大也(26)の、コロナ禍での問題行動に首をひねった。

No image

「ダウンタウン」の松本人志

「人様の不倫にとやかく言うのは僕も本当に嫌」と前置きしたうえで「ただ一件だけ。このコロナ禍において、感染経路が説明できないような行動はいかがなものかと、僕は思います」と問題視。「ましてや、トップアスリート、他の選手にうつしてしまうかもしれない。そこの責任感は責めてもいいと思う」とした。

「瀬戸さんがもしコロナになった場合、愛人にうつされたんだ!って言えるんだったら僕は全然いいと思う」としつつも「言えないでしょ?言えないような行動を今、取るというのはちょっとね…」と指摘。「世の中、不倫している人がいると思う。僕はいいと思う。ただ、嫁さん、旦那、彼氏、彼女と以外の人と、超濃厚接触するということは感染経路を説明できないから、イヤやなと思う」と私見を述べ、「コロナが終わったら、本当に浮気しましょうよ!」と続けた。

今回の瀬戸の処分は年内の活動停止。日本水連主催の公式大会や強化合宿、海外遠征への参加ができない。12月の日本選手権だけでなく、日本水連主催ではないが海外遠征となる10月下旬からの賞金大会「国際リーグ」(ブダペスト)も対象となる。一方で、200メートルと400メートルの個人メドレーでの東京五輪の内定は維持された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加