張本勲氏、大相撲11月場所を「つまらない」とバッサリ 発言に批判も

張本勲氏、大相撲11月場所を「つまらない」とバッサリ 発言に批判も

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/11/22
No image

(写真提供:JP News)

22日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が大相撲11月場所について独自の見解を示し、物議を醸した。

■11月場所は「つまらない」

番組では大相撲11月場所14日目を取り上げる。優勝争いをする1敗の大関・貴景勝と2敗の小結・照ノ富士がそれぞれ勝った様子を放送し、この2人が22日の千秋楽で直接対決する予定であることがアナウンスされた。

この様子を見た張本氏は「何十年ぶりかな、こんなつまらない場所は。相撲好きでね、照ノ富士の何番しか見なかったからね。見たい力士が4人も5人も休場しているからね、ガッカリしたよ」と、バッサリ斬る。

関口宏も「ねえ、上がほとんどいないんですから」と言いながら、横綱・白鵬と鶴竜、そして大関・正代と朝乃山が休場している旨が記載されたフリップを指差す。

張本は「今日の千秋楽だけだね、優勝決定戦ぐらいまで行ってくれるとね。照ノ富士が勝って、2敗同士で。そういう相撲見たいわな」とコメントした。

関連記事:張本勲氏、池江璃花子選手の競技復帰に苦言を呈し賛否 「的外れ」との批判も

■中畑氏はフォロー

「つまらない」発言を笑って聞いていた元横浜DeNAベイスターズ監督の中畑清氏は、「そういうなかでね、貴景勝がよく盛り上げたと思いますよね。大関1人でね、この場所を盛り上げて。自分が引っ張るんだって言う、そういう自覚みたいなものを感じましたね、安定してましたよ」と14日目を終わって1敗でトップを走る貴景勝を称賛する。

そして、「今、張さんが言われたように、優勝決定戦という。照ノ富士が頑張って、タイに持っていって。そういう締め方してくれたらアッパレじゃないですかね、最終的にね」と張本氏の「つまらない」発言をフォローした。

■発言が物議

張本氏の「11月場所つまらない」発言に、一部視聴者から「混沌としていて自分は面白かった」「良い力士はたくさんいる。張本さんが知らないだけ」「上位だけではない部分もファンなら楽しめるはず」と憤りの声が上がる。

ただし「たしかに上位が全て休場なのは情けない」「少しオーバーに言っただけ」「上位がしっかりしてこそ相撲と言いたかったのでは」とフォローの声も出た。

■相撲好きは3割

両国国技館で観戦する様子がたびたびテレビに映るなど、相撲好きとして知られる張本氏。「つまらない」発言は好きだからこそ出た言葉だと思われるが、一部の相撲ファンから批判を受けてしまった様子。相撲を愛する気持ちは一緒であると思われるだけに、少々残念だ。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,329名に実施した調査で、「相撲が好き」と答えた人は30.4%。「多い」とは言えないことがわかっている。

No image

上位力士が休場したことについて、張本氏のような「つまらない」と、考える人も僅かながらに存在する様子。休んでいる上位陣には来場所に向け体調を整えてもらうとともに、現在出場している力士は、22日に行われる千秋楽を盛り上げてもらいたい。

・合わせて読みたい→関口宏、パ・リーグCSを「意味がない」とバッサリ 勉強不足と批判の声も

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,329名 (有効回答数)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加