Jリーグ30周年コンセプトは「よっしゃ いこ!」野々村チェアマンが決意表明

Jリーグ30周年コンセプトは「よっしゃ いこ!」野々村チェアマンが決意表明

  • ゲキサカ
  • 更新日:2023/01/25

Jリーグは25日、東京都内で30周年オープニングイベントを開催した。コンセプトワードに「よっしゃ いこ!」を掲げ、野々村芳和チェアマンがアニバーサリーイヤーの施策を説明した。

冒頭では野々村チェアマンが「日本代表がW杯ですごくいい活躍をしてくれたが、全ての選手がJリーグを小さな頃に見て、Jリーグで成長して、世界の舞台で戦ってくれた。20年後、30年後を考えても、小さな子供たちにあの世界に入っていきたいと魅力的なものにしていかないといけない」と決意表明。今後の成長テーマを①60クラブがそれぞれの地域で輝く、②トップ層がナショナル(グローバル)コンテンツとして輝く—とした。

また30周年記念の具体的な施策として、4月からサッカー番組『KICK OFF』を全国放送すると発表。さらに5月15日のJリーグの日には30周年記念イベント、12・14日には国立競技場で30周年記念スペシャルマッチ(FC東京vs川崎F、鹿島vs名古屋)を開催する他、7月の明治安田生命Jリーグワールドチャレンジでは「海外クラブを招聘することを検討している」という。

30周年のコンセプトワードは「よっしゃ いこ!」に決定。野々村チェアマンは「サッカーの現場でよっしゃ!というのは、たとえば点を取った時、決定機を防いだ時、PKを止めた時、もちろん勝った時に言う。それから『よっしゃいこ!』までいくと、試合前にほとんどの人がそんな言葉を発してゲームに出ていく。サッカーにはありふれた言葉かもしれないが、サッカーを表す一番いいワードなのかなと。そんな思いを持ちながらこれからも進んでいきたい」と説明した。

(取材・文 竹内達也)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加