【BOM】朝陽、吉成名高に刺激「存在感も超えられるように、アピールできる勝ち方を」=IPCC世界王座決定戦

【BOM】朝陽、吉成名高に刺激「存在感も超えられるように、アピールできる勝ち方を」=IPCC世界王座決定戦

  • イーファイト
  • 更新日:2022/09/23
No image

朝陽・P.K.センチャイvsペイム・バンライカンケンドン

9月23日(金・祝)東京・大田区総合体育館で開催される『Shimizu presents BOM OUROBOROS 2022』のセミファイナル「IPCC世界フェザー級王座決定戦」でペイム・バンライカンケンドン(タイ)と対戦する、朝陽・P.K.センチャイ(=品川朝陽/P.K.SaenchaiMuayThaiGym)のコメントが主催者を通じて届いた。

【動画】朝陽が強烈すぎる右ローキック!KO勝利の瞬間

朝陽はジュニア時代から様々なアマチュアタイトルを獲得し、プロ転向後も強打を武器にムエタイの権威あるタイトルを次々と獲得してきた。20年9月、”勝ったらONEと契約” を懸けた『Road to ONE:3rd TOKYO FIGHT NIGHT』ではKING 強介を判定3-0で下しONEスーパーシリーズへの参戦も手に入れた。昨年12月にONEシンガポール大会でジョセフ・ラシリ(ストロー級3位)にKO負けして以来、再起戦を迎える。

No image

朝陽のしなやかな蹴り

本来は今年3月にロシア人ファイターと対戦する予定であった朝陽だが、対戦相手がウクライナ戦争で出国できずに試合が流れた。試合が決まらない期間を「1日も休まずに練習していてモチベーションの持続は大変でした」と振り返る。新たにプロボクシングの赤穂亮にパンチの教えを請い「技術が上がった」と成長を実感しているところだ。ちなみに同門の吉成名高も赤穂にパンチを習っている。

対戦するペイムについては「タイのスーパーチャンプという興行に結構出ていて、YouTubeで試合映像を見ることができました。パンチでガツガツ来たり、フィームー(テクニシャン)での戦いもできてバランスのとれた選手。スタイルを崩すのは難しそう」と強敵の認識だ。

No image

パンチのテクニック向上にも期待がかかる朝陽(右)

「前回負けているので、そこに(ジョセフ・ラシリらONEのトップ戦線)辿り着くためにもこういうところでは負けていられません。“やはり朝陽は強いな”とONE関係者やPPVで観ているファンにも自分の存在感をアピールできるような勝ち方を見せたい」と意気込む。

親交の深い吉成名高が、街で声を掛けられるなど有名になっていく姿は「一緒に練習しているから自分もこうならないといけないなと考えさせられ、モチベーションは高くなります」と刺激になっている様子。「名高の存在感も超えられるように頑張ります」と意識する部分はある。朝陽はWBCムエタイに続き自身で2つ目となる世界タイトルを獲得することができるか。

☆この大会の対戦カード、スケジュールなど

▶次ページは【動画】朝陽が強烈すぎる右ローキック!KO勝利の瞬間

【動画】朝陽が強烈すぎる右ローキック!KO勝利の瞬間

◀朝陽、吉成名高に刺激「存在感も超えられるように、アピールできる勝ち方を」の記事へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加