2026年度以降の放鳥目指す...トキの野生復帰に向けた取り組みの候補地 石川県の4市5町が決定

2026年度以降の放鳥目指す...トキの野生復帰に向けた取り組みの候補地 石川県の4市5町が決定

  • 石川テレビ
  • 更新日:2022/08/05
No image

能登でトキの野生復帰に向けた取り組みが始まります。環境省は5日、石川県の宝達志水町より北の4市5町をトキの野生復帰に向けた取り組みを行う候補地に決定したと発表しました。

国は本州でトキを野生復帰させるために放鳥するプロジェクトを進めるため、候補地を公募していて、石川県は5月、いの一番に申請していました。

選定委員は「能登の世界農業遺産の枠組みをうまく活用してほしい」とコメントしています。

今後年内をめどに環境省と佐渡市、今回決定した候補地で協議会を開き、2026度以降の放鳥を目指します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加