【ロッテ】ドラ1菊地吏玖ら若手選手20人沖縄・石垣島に前乗り「寒さから逃げられた」

【ロッテ】ドラ1菊地吏玖ら若手選手20人沖縄・石垣島に前乗り「寒さから逃げられた」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2023/01/25
No image

春季キャンプ前乗り組みで石垣空港に到着したロッテ菊地(撮影・鎌田直秀)

ロッテの高部瑛斗外野手(25)や茶谷健太内野手(25)ら若手選手20人のキャンプ地前乗り組が25日、沖縄・石垣島入りした。石垣空港に到着したドラフト1位の菊地吏玖投手(22=専大)は「試合に出ていた選手たちと早めに出来るのは良い機会。練習の姿勢だったりを意識して見たい」と感謝した。24日に打ち上げた新人合同自主トレでも順調な調整は続けていたが、「強度をもっと上げていきたい」。26日から再開するプロとしての先輩たちとの自主トレに意気込んだ。

チーム指定のグレーにスーツも初めて着用した。「すごく着心地が良いですし、(マリーンズの)バッジも付けているので、見られている意識も持たないと」と気も引き締め直した。羽田空港出発時は大寒波だっただけに「沖縄は来たことがあるんですけれど、島は初めて。(機窓から)海や町並みが見えて南の島に来たなという感じたし、暖かいなあと思った。寒さから逃げられました」と笑顔。「ご飯もこっちのものも食べられると思うので」と練習も食も充実させてキャンプインするつもりだ。【鎌田直秀】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加