樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/09/23
No image

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

12日、江心寺の境内にある「晋梅」。(黄岡=新華社配信/畢建鴿)

【新華社黄岡9月23日】中国湖北省黄岡市黄梅県の江心寺には、東晋時代の名僧、支遁(しとん)が植えたと伝わる梅の木があり、「晋梅」と呼ばれている。樹齢は約1600年で、中国で2番目に古い梅の木とされており、樹勢が衰えた後、伸びた枝が大きく育った。冬の終わりと春の初めに半月の間隔を空けて2回開花することから、「二度梅」とも称される。

No image

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

12日、江心寺の境内にある「晋梅」。(黄岡=新華社配信/畢建鴿)

No image

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

12日、江心寺の境内にある「晋梅」。(黄岡=新華社配信/畢建鴿)

No image

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

12日、江心寺の境内にある「晋梅」。(黄岡=新華社配信/畢建鴿)

No image

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

12日、遠くから見た江心寺の摘星楼。(黄岡=新華社配信/畢建鴿)

No image

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

12日、江心寺の境内にある「晋梅」。(黄岡=新華社配信/畢建鴿)

No image

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

12日、江心寺の境内にある「晋梅」。(黄岡=新華社配信/畢建鴿)

No image

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

12日、江心寺の境内にある「晋梅」。(黄岡=新華社配信/畢建鴿)

No image

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

12日、江心寺の境内にある「晋梅」。(黄岡=新華社配信/畢建鴿)

No image

樹齢1600年、江心寺の「晋梅」 湖北省黄梅県

12日、江心寺の境内にある「晋梅」。(黄岡=新華社配信/畢建鴿)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加