【インタビュー】『君が世界のはじまり』松本穂香&中田青渚 熱量の高いクライマックスの撮影を「2人で乗り越えた感があった」ふくだももこ監督「おかげで『絶対にいい映画になる』と確信」

【インタビュー】『君が世界のはじまり』松本穂香&中田青渚 熱量の高いクライマックスの撮影を「2人で乗り越えた感があった」ふくだももこ監督「おかげで『絶対にいい映画になる』と確信」

  • エンタメOVO(オーヴォ)
  • 更新日:2020/08/03

注目の若手俳優が集結した青春映画『君が世界のはじまり』が、7月31日からテアトル新宿ほかで全国ロードショーされている。本作は、ふくだももこ監督が手掛けた短編小説「えん」(すばる文学賞佳作受賞)と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」を原作に、それぞれに悩みを抱えた高校生たちの日常を温かなまなざしで見つめた物語。公開を前に主人公・えん役の松本穂香、オーディションでえんの親友・琴子役に抜てきされた中田青渚、ふくだ監督の3人が撮影の舞台裏を振り返ってくれた。

No image

(左から)ふくだももこ監督、松本穂香、中田青渚

-穏やかなえんと、はつらつとした琴子との生き生きとしたやりとりが魅力的です。松本さんと中田さんは、どんなふうに2人の関係を作り上げていったのでしょうか。

松本 この2人の距離の近さが一番大事かな…と思ったので、一緒にお茶に行ったりしました。でも、最初は全然しゃべれなくて(笑)。

中田 「松本穂香さんに呼ばれた!?」と思って、すごく緊張していたんです。実際に会ったら、さらに緊張してしまって…。そのときは本当に、壁が何十枚もあるような感じでした。

ふくだ 中田ちゃん、すごく緊張してた(笑)。

松本 でも、現場に行ったら、もう琴子になっていたので、「すごいな…」と思って。「相当なエネルギーを使って、琴子に成り切っているな…」と。だから、私も現場では、ずっとえんのつもりで一緒にいました。

中田 現場では、ずっとえんと琴子の関係性でいられたような気がします。

-松本さんは、えんのキャラクターをどんなふうに作り上げていったのでしょうか。

松本 最初に台本を読んだときから、つかみどころのない不思議な人だな…と思っていました。だから、もう少し台本を読み込んで考えた方がいいのかな…と。そうしたら、リハーサルのときにふくださんが「又吉(直樹)さんみたいなしゃべり方をイメージしている」と言ってくださったんです。「“伝える”というよりも、独り言のようにぼそぼそしゃべる」みたいな。それが大きなヒントになりました。

ふくだ それだけであそこまで理解してやってくれたのはすごい!

松本 ただ、琴子と一緒にいて初めてえんになれるのかな、と思っていたので、リハーサルの時点では、私もまだ、しっくりきた感じではなかったんです。一緒にやっていくうちにだんだんと…ですね。

-中田さんご本人は、劇中の琴子とは雰囲気が全く違いますね。

中田 違いますよね(笑)。だから、「琴子と私の共通点は?」みたいなところから役を考え始めたら、どんどん琴子が遠く離れていってしまって…。オーディションのときは、何も考えずに思い切りやって、すごく楽しかったんですけど。そういう意味では、決まった後の方が難しかったです。

-そうすると、あの元気いっぱいな琴子のお芝居はどんなふうに?

中田 どうにかしてエネルギーを出すしかないな…と思っていました。とりあえず、台本のタイトルになっていたザ・ブルーハーツさんの曲を聞いて、走ったりしていました(笑)。劇中でも歌が流れるので、その歌のエネルギーを少しでも琴子に…と思って。あとは、琴子とえんの関係性について3人で話し合ったり…。そういうことをしているうちに、だんだん琴子が見えてきました。

-ふくだ監督が中田さんを琴子役に選んだ理由は?

ふくだ オーディションのときは、完璧に琴子だったんです。かわいらしい顔から、あの威勢のいいマシンガントークがさく裂したとき、そのギャップがメチャクチャ面白くて。「琴子って、こういう子なんや」と思ったんです。「今まで自分が思い描いていた琴子像とはちょっと違うけど、面白い!」って。でも、本読みのときに会ったら、ものすごく緊張していたらしく、別人みたいでした(笑)。

-映画を見ると、琴子を演じているという感じではなく、中田さんそのままのように見えますね。

ふくだ 見えますよね。

中田 そう言っていただけて、よかったです。

-えんは、琴子以外の人物と一緒のシーンも多いですが、撮影はえんと琴子のシーンをまとめて撮るようなスケジュールだったのでしょうか。

ふくだ 撮影の順番はバラバラでした。ただ、えんと琴子、2人だけのクライマックスは、2日目に撮ったんです。晴れの日が絶対条件だったので、候補日をいくつか挙げておいたら、2日目が晴れてしまって。これを逃すと今後晴れる保証がないから、撮ってしまった方がいいと。だから、2人はすごく難しかったと思います。

-とても爽やかですてきなクライマックスでした。

中田 エネルギーがぶつかり合うようなシーンだったので、そのエネルギーを蓄えるため、撮影前に校庭を走ったりしていました。

松本 直前に2人で「うわーっ!」と(笑)。息切れさせて、頭をまひさせて、来たらカメラが回ってる、みたいな感じで、すごく激しかったです。

ふくだ ライブ感あったね。でも、そこまでやってくれたのは、すごくうれしかった。

中田 最初にあれを乗り越えたから、より琴子とえんの関係性に近づくことができたような気がします。

松本 11月の寒い時期に3~4時間ぐらい泥だらけで大変だったけど、2人で乗り越えた感はあったよね。

中田 もっと前から「この日にやります」と言われていたら、いろんなことを考えてしまい、あのシーンは生まれなかったと思うんです。「明日やるよ」でパッとやったから、余計なことを考えずに済んで、ああいういいシーンになったんだろうな…と。

ふくだ おかげですごくいいシーンになったので、「これは絶対にいい映画になる」という確信が持てました。よかったです。

-『君が世界のはじまり』というタイトルも、物語に合っていると感じました。最後にその印象をお聞かせください。

松本 最初はそれほど強い印象はなかったんですけど、映画を見終わったら、すごく深いものに思えてきました。シンプルだからこそ刺さる。見終わった後、題名を考えただけで泣けてくるような映画が私も好きなので。後々響いてくるすごくすてきなタイトルだと思います。

中田 見終わった後に「何かが変わるんじゃないかな?」、「変わりたいな」と思わせてくれる映画だと思うんです。琴子とえんの世界もまた新しく始まった、みたいな感じがしますし。とてもいいタイトルですよね。しかも、琴子がそのタイトルにつながるせりふを言うので、すごくうれしいです。

ふくだ えんや琴子を含め、登場する高校生6人にとって、誰かが誰かの始まりになっている、と言ってくれた方がいました。本当にその通りです。自分の中の新しい感情や新しい出来事が始まる瞬間って、誰かと出会うことでしか生まれないと思うんです。個人的に、映画が終わった後も登場人物たちの人生は続いていくんだ、映画が終わってからが本当の意味での始まりなんだ、と思えることがすごく好き。だから、えんと琴子は、今もどこかで一緒に遊んでいると思いたいです。

(取材・文・写真/井上健一)

No image

(C)2020『君が世界のはじまり』製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加