ってか、顔写真は加工するほうが普通です!女子たちの秘密の「加工」事情。

ってか、顔写真は加工するほうが普通です!女子たちの秘密の「加工」事情。

  • CanCam.jp
  • 更新日:2022/05/14

SNSが普及して、顔画像などをさまざまなところにアップする機会が増えた現代。SNSを見てくれる人に、より素敵な自分を見てほしい! という気持ちは誰しもが持っているはず。実は今、SNSにアップする自分の顔画像を加工して、理想の顔に近づけている女子がとっても多くなっているんです。

No image

この記事では、株式会社マンダムが15歳〜49歳の女性443名を対象に行った、自分の顔画像の加工に関する女性の年代別意識調査をもとに、みんなの顔画像の加工事情をお伝えしていきます!

加工はマスト!? 実際どれくらいの人が加工してるの?

No image

SNSに自分の画像をアップする際、加工するかを聞いたところ、「いつもする」、「たまにする」を合わせると、加工する、と答えた人がなんと全年代で7割越えという結果に! 画像を加工すること、そして加工済みのものをSNSで共有することが年代を問わず一般的となってきていることがよく分かりますね。

加工時に使う機能に年代差が!

No image

自分の顔画像を加工する際に、どの機能をよく使用するか聞いたところ、全ての機能に関して10代の使用率が最も高いことがわかりました。「肌補正」の使用率は全世代で6割越えとなりましたが、一方で年代差が見られる項目も。10代と30代以上で比較したところ、顔のパーツやバランスを変える「顔補正機能」は1割以上、「メイク機能」は約2割の差が見られ、10代は他の世代よりもさまざまな機能を使いこなしていることがわかります。ひとつ前の質問で、加工をする人の割合は全世代で似た数値でしたが、使用する加工の機能に世代差があるので、もしかしたら「加工」の捉え方自体は世代によって違いがあるのかもしれません。

10代の加工するパーツは、「輪郭」が最多の7割越え!

No image

加工するパーツについて聞いたところ、ここでも年代差が出ました。10代と30代以上の間で最も差が大きかったのが「輪郭」! 10代が約3割も高くなっていました。また、「目」「鼻」「口」においても10代が1割以上高くなっており、10代は他の年代より各パーツまで自分好みに加工していることがわかります。一方で「肌」については30代以上の方が1割以上高くなっていました。

10代女子の7割以上が切望! リアルの顔を加工画像に近づけたい!

No image

実際の自分の顔を加工画像に近づけたいかと聞いたところ、「すごくそう思う」と答えた人が10代では7割以上に上りました。30代以上が4割程度と大きな差があることがわかります。デジタルネイティブの10代はコミュニケーションや情報収集をSNSで活発に行っており、その分SNSに費やす時間も長い傾向にあります。そんなSNS上に作り上げた理想の自分に近づきたい!と強く思うのは不思議なことではないのかもしれませんね。

これからの顔画像の加工は…?

現代女子たちが画像加工をどうしているのか、垣間見ることができました。今や一般化した画像の加工は、「なりたい自分」に近づくためのひとつのツールなのかもしれません。これからの、画像加工の進化と加工する女子たちの変化はどうなっていくのか、皆さんもチェックしてみてくださいね♡(石川智香子)

情報提供元/株式会社マンダム

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加