埼スタに新名物!浦和・デンの「トーマスおでん」 限定200食「オイシイ!」自信作

埼スタに新名物!浦和・デンの「トーマスおでん」 限定200食「オイシイ!」自信作

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

浦和は22日、G大阪と激突する。5戦ぶりに戻ってくる埼スタには新名物が登場。U―23オーストラリア代表DFトーマス・デン(23)がプロデュースした、その名も「トーマスおでん」(限定200食)。食べたおでんの中から厳選した具材に大好物のサーモン、ブロッコリーを加え、デンも「オイシイ!」とうなる自信作だ。

No image

自身がプロヂュースした「トーマスおでん」を前に笑顔を見せる浦和のデン(浦和レッズ提供)

来季ACL出場権(3位以内)獲得には負けられない一戦。18日の神戸戦で8戦ぶりに先発したデンは攻守に熱いプレーで1―0の完封勝利に貢献し「常に準備はしていた。このような状況を待ち望んでいました」。ますます、おでんがおいしくなる季節。G大阪戦では自慢の「トーマスおでん」とともに勝利の味も届ける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加