ヒットメーカーによるテレワークドラマYouTubeで公開

ヒットメーカーによるテレワークドラマYouTubeで公開

  • シネマカフェ
  • 更新日:2020/05/22
No image

福田沙紀

もっと画像を見る
有名脚本家たちが書き下ろしたストーリーを、完全リモートで演じるリモートドラマが制作。YouTubeのドリプラチャンネルにて2作品が公開されることが分かった。

本日より公開されるのは、「東京タラレバ娘」「花咲舞が黙ってない」の松田裕子が脚本を担当、『ピーチガール』の神徳幸治が演出した「あなたの夢叶えますガチャ ~アイドル編」。お金を入れると、会いたいけど会えない、会いたいと願う相手と画面上で会話ができる魔法の機械が登場する物語となっている。

本作では、2つのチームに分かれて同じ脚本を演じる。Aチームには大森つばさ、鈴木勝大、押田岳、武本悠佑、藤林泰也、北乃颯希。Bチームには岡本夏美、古屋呂敏、大倉空人、相馬理、飯島颯、萩原護が出演している。

松田さんは「オンライン会議や飲みってリアルだけどリアルじゃないみたいなところがあって、なんなら現実では会えない人にも会えそう……という妄想キッカケで書いたお話です。夢といえばアイドルということで、今回はアイドル編。好きなアイドルと話してみたい、推しのグループの中に入ってみたい、自分だけにファンサをして欲しい……そんな願いが叶ってしまうお話です」と作品についてコメント。

神徳さんは「初めてのリモートドラマを作るにあたって、映像編集なし、音楽もその場で入れ込む一発撮りにすることを決めて舞台を作る感覚で演出していきましたが、予想外に頭を悩ませたのはネット回線でした。大学の授業もリモートで始まったことから、回線が不安定で映像が乱れたり、音声が聞き取れなかったりとトラブルの連続でしたが、比較的回線が空いている土日の朝早くに撮影したりと、才能ある若い俳優たちと一喜一憂しながら作り上げました」とふり返っている。

そして2作目は、「ごくせん」「不機嫌な果実」の江頭美智留が脚本を担当し、朗読劇の金字塔「私の頭の中の消しゴム」など数々の演劇の脚本・演出をする岡本貴也が演出を手掛ける「私は誰ですか?」。記憶喪失の男が、ネットを使って「僕が誰なのか知ってる人いませんか?」とSOSを出す。「知っている」と名乗りを上げた人とオンラインでやりとりしながら、自分の身元と、記憶喪失になった理由を探る物語だ。

本作は、女性版と男性版の2チームに分かれて同じ脚本を演じる。女性版には福田沙紀、古屋呂敏、時任勇気、富山えり子、小西はる、小板橋みすず、合田雅吏、島田勇矢。男性版には秋元龍太朗、中村守里、高木勝也、キンタロー。、門田宗大、折井あゆみ、萩原護、大澤有紗が出演する。

江頭さんは「以前、記憶喪失の人たちが自分の身元を探すテレビ番組を見て以来、ずっと書いてみたいと思っていたことを題材として、本当に好き勝手に書かせていただきました」と執筆をふり返り、「Zoomでのリハ、収録は、監督も役者もなかなかに大変でした。何しろ、すべて自分でやらねばならず、しかも、それぞれが使う機材もパソコンやスマホなどさまざまで、操作方法も微妙に違い、その上、ネット状況も不安定になること度々。悪戦苦闘しながら長時間のリハと収録に全力投球して下さった監督と若い役者たちのエネルギー、1人でも多くの方に届きますように」と試行錯誤しながら作ったと明かしている。

岡本さんも「こんな状況だからか、オーディションには若き(そして優秀な)俳優たちがものすごい人数集まりました。その中から選ばれた精鋭たちが、それぞれの自宅で熱演し、それぞれのパソコンや携帯で撮影しました」「男性版と女性版、それぞれ10話ずつ、楽しんでいただければ嬉しいです!」とコメントを寄せている。

「あなたの夢叶えますガチャ ~アイドル編」は5月22日(金)第1話配信開始予定、「私は誰ですか?」は5月23日(土)第1話配信開始予定。※共にYouTubeドリプラチャンネルにて

cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
平成生まれで元派遣社員の私が、はじめて『ハケンの品格』を見て“強烈な違和感”を覚えたワケ
『文豪とアルケミスト』放送休止期間中にイッキ見振り返り企画
松井珠理奈の“激太り”に衝撃の声...「これ映しちゃあかんやつ」
玉川徹氏、岡田晴恵氏擁する『モーニングショー』一人勝ちへの違和感
「Nizi Project」ユナ、涙「最後のチャンス」の意味とは...“虹かけ”予告映像に反響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加