C大阪が今季初の対外試合 FW加藤が2ゴール

C大阪が今季初の対外試合 FW加藤が2ゴール

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2023/01/26

C大阪は25日、宮崎市内で九州リーグのヴェロスクロノス都農と今季初の対外試合を行った。後半に出場したFW加藤陸次樹(むつき=25)が2得点を挙げる活躍。チームは3―0で勝利した。

No image

後半、2点目を決めるC大阪FW加藤陸次樹

「新しいメンバーでやる中で、そんなにやりづらさとかもなく、ほとんどの人がやりたいサッカーを理解して実践していたので、試合になっても全員が共通認識としてできていたかなと思います」

21年途中以来の復帰となるFW藤尾翔太(21)とのツートップ。息ぴったりの連係で、1点目は完全なフリーをつくってのゴールだった。「日本人というのもありますけど、言えることをちゃんと言って理解してくれる。普段から関係性もいい」と“パートナー”に感謝。前半にPKでチーム初ゴールを決めた横浜Mから完全移籍加入のレオ・セアラ(27)、期待のホープ北野颯太(18)ら候補ひしめくFWの競争は激化の一途をたどるが、ポジションは渡さない。

29日には古巣のJ2金沢とトレーニングマッチ。昨年11月のポストシーズンマッチでは2ゴールを決め凱旋を果たしており「この間と同じぐらい活躍できれば」とさらなるアピールを期した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加