【ちむどんどん】暢子が上京初日に人生最大のピンチ 東京で待っていたのは衝撃の事実

【ちむどんどん】暢子が上京初日に人生最大のピンチ 東京で待っていたのは衝撃の事実

  • ENCOUNT
  • 更新日:2022/05/14
No image

人生最大のピンチに面した暢子(黒島結菜)【写真:(C)NHK】

黒島結菜がヒロインを務めるNHKの朝ドラ第6週の見どころを探る

女優の黒島結菜が主人公・比嘉暢子を演じるNHKの連続テレビ小説「ちむどんどん」(毎週月~土曜、午前8時)。第5週では、暢子が上京して料理人になるという夢に向けて沖縄を旅立つ様子などが描かれた。上京後の暢子にはどんな生活が待っているのか。16日から始まる気になる第6週の見どころを探った。

(※以下、ドラマの内容に関する記述があります)

NHKによると、舞台は1972年5月。高校を卒業した暢子は、本土復帰した沖縄から東京に、料理人になるためにやってきた。大都会の人ごみ、行き交う車に衝撃を受け、そして銀座のレストランの西洋料理にびっくり! レストランのオーナー(原田美枝子)らの失笑を買うという。そして、兄・賢秀(竜星涼)がいるはずの場所を訪れたところ、衝撃の事実が待っていた。上京初日から、暢子に人生最大のピンチが訪れる展開という。

兄・賢秀がいるはずの場所で衝撃の事実が待っていたということは、一体どういうことか。「いるはず」ということは、賢秀はいなかったということか。待っていた衝撃の事実の内容とは何だろうか。上京初日から暢子の人生最大のピンチということから東京を舞台にした物語は、第6週からスタートダッシュの盛り上がりを見せてくれそうだ。新たな出演者たちにも期待したい。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加