【ガーデニング】オススメの多年草7選!夏の庭を大人っぽくオシャレに、鮮やかで美しい花々

【ガーデニング】オススメの多年草7選!夏の庭を大人っぽくオシャレに、鮮やかで美しい花々

  • LIMO
  • 更新日:2022/06/23
No image

植えっぱなしでも毎年花を咲かせる多年草。ナチュラルで野趣あふれる雰囲気が、庭や花壇をオシャレに演出してくれます。

これからの季節、暑い日が続くことになりますが、できれば夏の庭でもキレイな花を楽しみたいものですね。

本日は夏の庭や花壇にオススメの多年草、夏の植物の管理方法を紹介します。

多年草とは?

多年草とは、枯れることなく毎年花を咲かせる植物をさします。一方、一年草は発芽から花が咲き、種ができるまでのサイクルが一年以内の植物のこと。

一年草は色鮮やかで華やかな植物が多いのが特徴ですが、多年草は野趣あふれる大人っぽい雰囲気。冬になっても基本的には葉が枯れないので、うまく育てると緑が絶えない庭に仕上げることができます。

No image

Beekeepx/Shutterstock.com

植えっぱなしで育てられるので、お世話もラク。毎年花を楽しむことができます。シックで大人っぽいテイストが好みの方や、ガーデニング初心者にもオススメです。

【写真】多年草で夏の庭を大人っぽくオシャレに!オススメの品種を紹介

夏の庭や花壇の管理方法は?

水やり

暑い夏は、すぐに地面が乾燥してしまうことから、水やりが大変になる時期です。多年草は乾燥を好む植物が多いため、地植えで育てる場合はそれほど気にしなくても丈夫に育ちます。

とはいえ、近年の暑さは一日に数回水をあげないと絶えられないほどの猛暑。鉢植えの植物は朝、夕の水やりが望ましいでしょう。地植えの多年草も一緒に、様子をチェックしてあげてくださいね。

花ガラ摘み

花が咲き終わって散らずに残っている花ガラは、放置しておくとカビや病気の原因となります。こまめに摘み取りましょう。花ガラは早めに摘みとったほうが株の体力を温存することにもつながります。

切り戻し

株がこんもりしてきたら、風通しをよくするために切り戻しをおこないます。株の内側にも風が通るようになり、蒸れにくくなります。秋になってからの生育や花つきもよくなりますよ。

切り戻しをしない方がよい多年草もあるので、事前に調べてから作業しましょう。

夏の庭を大人っぽくオシャレに!オススメの多年草7選

ランタナ

No image

Dea Indah Purnama/istockphoto.com

小さな花が集まって手毬のような花房をつくるランタナ。育てていくと徐々に花色が変化するため、和名で七変化とも呼ばれます。

半日陰でも育ちますが、日当たりがよいほうが花つきもよくなります。暑さに強く、真夏も休むことなく開花します。花が終わったあとは、こまめに花ガラ摘みをしましょう。※参考価格:300~600円前後(3号ポット苗)

ゼラニウム

No image

ncristian/istockphoto.com

茎の先に咲く放射状の花が特徴的なゼラニウムは世代を超えて親しまれている花。厚みのある葉と瑞々しい茎から独特の香りを放ち、アロマにも活用されています。深みのある真紅の品種は大人っぽく、とてもオシャレですよ。

乾燥に強く、乾いた土地で育てられるほど強健な性質。開花期間は長く、適切に管理すれば、ほぼ一年を通して花を楽しむことができます。

高温過湿は苦手なので、乾燥気味に育てましょう。※参考価格:400~700円前後(3号ポット苗)

オキシペタラム

No image

Shironagasukujira/Shutterstock.com

青い星のようなカワイイ花を咲かせるオキシペタラム。別名「ブルースター」とも呼ばれ、切り花としても大変人気があります。透き通るような水色が珍しく、可憐で美しい花です。

過湿に弱く、雨に当たると花が傷む場合も。鉢植えで育てると移動ができ、室内での越冬も可能になるので安心です。カットしたときにでる白い液体は、かぶれる可能性があるので注意しましょう。※参考価格:200〜500円前後(3号ポット苗)

チェリーセージ

No image

Cristina Ionescu/Shutterstock.com

観賞用のハーブとしても人気のチェリーセージ。赤と白のバイカラーがとても可愛らしい花です。

開花期は5~11月まで。切り花にしてもオシャレですし、料理の飾り付けとしても利用できます。収穫もかねて楽しみましょう。

多湿に注意して、日向~明るい半日陰で育てると元気に育ちます。※参考価格:300~500円前後(3号ポット苗)

ガウラ

No image

igaguri_1/istockphoto.com

白いチョウのような花が美しいガウラ。開花期が長く、暑さ寒さに強いのでとても育てやすい植物です。冬に切り戻しをすると、春に形よく生えそろいます。

こぼれ種からあちこちに広がるので不要な苗は抜き取りましょう。※参考価格:300~700円前後(3号ポット苗)

バーベナ

No image

TA-Y/Shutterstock.com

5~10月にサクラのような形の小花をこんもりと花笠状に咲かせるバーベナ。

その花姿からビジョザクラとも呼ばれます。一年草や多年草、高性種やほふく性の品種など種類が豊富です。

多湿が苦手なので夏は風通しのよい場所で育てましょう。※参考価格:200~500円前後(3号ポット苗)

クレマチス

No image

paddythegolfer/istockphoto.com

華やかな花を咲かせるツル性の多年草クレマチスは、上品ながらも華やかな雰囲気。花姿が大変美しく、古くから親しまれている人気のガーデンプランツです。バラと一緒によく植えられることも。

品種改良が盛んで種類が豊富。花の形や色、開花期も春から秋まで、さまざまな品種が出回っています。茎が折れやすく傷つきやすいので扱いには気をつけましょう。※参考価格:500円(ポット苗)~3000円(4号鉢)

まとめにかえて

多年草は毎年株が大きくなり、見応えのある株姿に生長します。生長と同時に美しい花を、たくさん楽しめるようになりますよ。

ナチュラルな印象の花をそろえると、庭を自然に近い風景に演出することも可能です。植えっぱなしでも育つ多年草を上手に取り入れて、ステキな夏のガーデンを楽しみましょう。

LIMO編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加