癖ある所長らと面談で.../おちょやん15日あらすじ

癖ある所長らと面談で.../おちょやん15日あらすじ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/16
No image

朝の連続テレビ小説「おちょやん」制作発表会見に臨んだヒロインの杉咲花(2019年10月30日)

女優の道を生き抜き「大阪のお母さん」と呼ばれた、女優浪花千栄子さんをモデルにしたNHK連続テレビ小説「おちょやん」(月~土曜午前8時)。舞台は道頓堀から京都に移り、千代(杉咲花)は、山村千鳥一座に合格しました。とはいえ、役者ではなく千鳥(若村麻由美)の身の回りの世話役。それでも、持ち前の前向きさで、千代は女優への道を歩き始めました。前途多難ではあるものの、持って生まれた引きの強さはあるようです。次回のあらすじを紹介します。

突然の山村千鳥一座の解散。千鳥からの紹介で、再び鶴亀撮影所の門前にやってきた千代。かつて千代が門中に入ろうとすると抵抗し続けた守衛の守屋(渋谷天外)が素直に門を開けてくれて、鶴亀撮影所に初めて足を踏み入れたことに、うれしさが込み上げる。さらに所内を案内する助監督・小暮(若葉竜也)から、女優と呼ばれ舞い上がる。しかし、その先には、癖の強い所長と監督による面談が待ち受けていた…。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加