西武・上間はデビュー登板で敗戦投手も首脳陣「素晴らしい闘志」「合格点」

西武・上間はデビュー登板で敗戦投手も首脳陣「素晴らしい闘志」「合格点」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/08

(パ・リーグ、西武0-4楽天、3回戦、楽天3勝、8日、メットライフ)西武の2年目右腕、上間永遠(とわ)投手が先発し、デビュー登板を飾ったが、六回途中まで投げ5安打、4失点で敗戦投手に。白星デビューは飾れなかった。

「初の1軍登板だったので、とにかく全力のボールを投げようと考えていました。コントロールすべきところにボールを投げられたかな、と思います」

最速145キロもスライダー、カットボールを中心に丁寧な投球で五回までは2安打、1失点。相手先発・滝口との投手戦を展開し、辻監督は「素晴らしい闘志で、また使えるなという感じは受けました。しっかり内角に投げられていた。ああいうことができればあれくらいのスピードでも抑えられる」と評価した。

西口投手コーチも「初登板であれだけ投げられれば十分な合格点でしょう。きょうみたいなピッチングを次登板するときにしてくれれば、十分勝てる投手だと思っています」と20歳右腕をたたえた。

No image

西武先発の上間=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加