ソニーが新フルサイズミラーレス「α7C」 APS-C機並みサイズ、Vlog装備を拡充

ソニーが新フルサイズミラーレス「α7C」 APS-C機並みサイズ、Vlog装備を拡充

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/17
No image

フルサイズミラーレスで快走するソニーが、APS-Cセンサー搭載ミラーレス「α6600」並みのコンパクトなボディに仕上げたフルサイズミラーレス「α7C」を発表しました。使わない時は全長を短くできる新開発の標準ズームレンズと組み合わせれば、バッグからサッと出し入れできるようにしました。背面液晶はシリーズ初のバリアングル式にし、自分撮りを多用するVlog需要も強く意識しています。撮影性能はフルサイズ機の定番モデル「α7 III」とほぼ同等で、小型軽量と高性能を両立した意欲作に仕上がっています。

ソニー「α7 III」に感じた魔性と冷たい割り切り

価格はオープン。予想実売価格は、ボディ単体モデル(ILCE-7C)が税別21万円前後、標準ズームレンズが付属するキットモデル(ILCE-7L)が税別24万円前後。発売は10月23日の予定。カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色を用意します。

○α6000シリーズ並みのコンパクトなデザイン

α7Cのおもな特徴は以下の通り。

ボディの重量は約509g(メモリーカード、バッテリー含む)。α7 IIIより約141gも軽量化
撮像素子は有効2420万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー(α7 IIIと同じ)
画像処理エンジンはBIONZ X(α7 IIIと同じ)
ミラーレスαでは初となるバリアングル液晶
AFの測距点数は693点、カバー率93%(α7 IIIと同じ)
トラッキングはリアルタイムトラッキング対応(α7R IVと同じ)
連写速度は10コマ/秒(α7 IIIと同じ)
ボディ内手ブレ補正機構の補正効果は約5段分(新設計)
ISO感度はISO100~51200、拡張時はISO50~204800(α7 IIIと同じ)
動画は4K/S-Log/HLG対応(α7 IIIと同じ)
カードスロットはSDカードのシングルスロット
5GHz/2.4GHz対応のWi-Fi機能
バッテリー撮影枚数は約740枚(背面液晶)、約680枚(EVF)
本体サイズはW124×H71.1×D59.7mm

α7Cは、APS-Cミラーレスのα6600のように電子ビューファインダーをボディ左隅に搭載することで、ボディ内手ブレ補正機構を搭載したレンズ交換式のフルサイズカメラとしては世界最小最軽量に仕上げたのが特徴。フルサイズミラーレスのα7 III比では、本体重量は141gダウン(重量比78%)、体積比は81%にまで小型軽量化しています。α6600比では、重量はわずか5gの増加(重量比101%)にとどめ、体積比も110%と1割ほどの増加にとどめています。「APS-C機のボディにフルサイズセンサーを詰め込んだ」といっても過言ではないでしょう。

小型軽量化に貢献したのが、耐久性や剛性を確保しながら小型軽量化が図れるモノコック構造のマグネシウム合金製ボディを採用したこと、α7Cの本体サイズに合わせて新規開発した5軸手ブレ補正ユニット、同じく新規開発したシャッターユニットの存在が大きいとしています。

装備面では、Vlog(ビデオブログ)の自分撮りを意識した改良が目立ちます。背面液晶は、ミラーレスαでは初めて背面液晶をバリアングル式を採用。動画撮影ボタンは、自分撮りの際にも操作しやすいよう、天面のの押しやすい位置に大型ボタンを配置しています。音声収録は、マルチインターフェースシューのデジタルオーディオインターフェースに対応するほか、本体側面にヘッドホン&マイク端子を搭載しています。動画は、縦位置での記録にも対応し、編集で縦位置に回転させる必要がなくなりました。

オートフォーカスはα7 IIIから一部強化しています。693点の位相差AFは変わりませんが、ピントを合わせた被写体を食らいつくように食いつくリアルタイムトラッキングAFに対応したのがポイントです。リアルタイム瞳AFや暗所のAF性能もα7 IIIから改善されました。連写は、AF/AE追従時で最高10コマ/秒と、α7 IIIと同水準に仕上げていますが、連写のバッファーは約223枚に増加しています。
○沈胴式で小型化を図ったキットレンズ、単品販売も

α7Cのキットレンズに付属する「FE28-60mm F4-5.6」(SEL2860)は、使わない時は全長を短くできる沈胴機構の採用で大幅な小型化を図った新しい標準ズームレンズ。重さは約167g、沈胴時の長さは45mmとコンパクトな設計ながら、リニアモーターの採用で高速かつ静かなオートフォーカスに対応し、動画撮影にも向く設計としました。このサイズながら防塵防滴に配慮した設計となっているのもポイントです。α7Cのキットレンズとして用意するほか、単品でも販売するので(希望小売価格は税別60,000円)、α7シリーズのユーザーも利用できます。

α7Cは、ベストセラーのα7 IIIから大幅な小型軽量化を図りながら、いたずらに機能を削らずにα7 IIIと同等の高性能を保った点が評価できます。小さいけれどエントリーモデルではなく、デザインや装備で選べるα7 IIIの派生モデルといえます。ペンタ部の盛り上がりがないスリムなデザインが好き、Vlogなどで背面液晶を用いた撮影が中心になる、という人には響く製品となりそうです。

磯修

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加