「素敵やん」「これぞスポーツマンシップ」!! マンCのイングランド代表MFに「カンフータックル一発レッド」DFの「試合後の謝罪シーン」

「素敵やん」「これぞスポーツマンシップ」!! マンCのイングランド代表MFに「カンフータックル一発レッド」DFの「試合後の謝罪シーン」

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2022/09/23
No image

ウルブスDFネイサン・コリンズとマンチェスター・シティMFジャック・グリーリッシュ 写真:ロイター/アフロ

マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに危険なタックルをし一発退場となったウォルバーハンプトンのアイルランド代表DFネイサン・コリンズが試合後に謝罪していたようだ。

関連:「なんて美しい」!!マンチェスター・シティの「背番号10」が来季に向けて始動!!肉体美披露のSNS投稿に「4万いいね」以上の大反響…上半身裸の練習風景とは?【画像】

■「素敵やん」などと話題

プレミアリーグ第8節ウォルバーハンプトン(ウルブス)対マンチェスター・シティが、現地時間9月17日に行われた。アウェイのマンCが3−0の勝利を収めたこの一戦、マンCはアーリング・ブラウト・ハーランドやグリーリッシュ、フィル・フォーデンやロドリなどがスタメンに名を連ねた。

試合は、開始1分にグリーリッシュのゴールでマンCが先制に成功。続く16分にはハーランドのゴールが決まってマンCが2点リードに。最後は69分にフォーデンが追加点を決めて、マンCが3−0の勝利を収めた。

この試合では33分に退場者が出た。左サイドでボールを受けたグリーリッシュに対してウルブスDFコリンズがグリーリッシュの脇腹付近にハイキック。まるでカンフーキックのような危険なタックルで、コリンズは一発退場となった。

この“カンフータックル”には、ツイッター上などで批判的な意見が相次いでいた。しかし、コリンズは試合後にグリーリッシュに対して謝罪していたようだ。

マンCの日本語公式ツイッターが「グリーリッシュに危険なタックルをし、一発退場処分となったウルブスのコリンズ。試合後に、グリーリッシュに謝罪をしていたようです」とのコメントとともにコリンズが謝罪している動画を公開した。

この投稿には「素敵やん」や「これこそスポーツマンシップ」、「これこそ紳士のスポーツと呼ばれる象徴」や「どっちも素敵」などの声があがっている。

■無敗をキープ

ウルブスとの一戦に勝利したマンCは無敗を維持し、順位は2位となっている。現在首位はここまで1敗のアーセナル。マンCはアーセナルを勝ち点差1で追っている。

現在は各国リーグが代表ウィークに入っている。代表ウィーク明けの10月2日には、シティはマンチェスター・ユナイテッドとのマンチェスター・ダービーを控えている。果たして、マンCはダービーで勝利を収めることができるだろうか。

いま一番読まれている記事を読む

サッカー批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加