阿部寛、ポジティブ過ぎる蔦屋重三郎の金言 映画『HOKUSAI』本編映像

阿部寛、ポジティブ過ぎる蔦屋重三郎の金言 映画『HOKUSAI』本編映像

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/05/05
No image

映画『HOKUSAI』(5月28日公開)蔦屋重三郎(阿部寛)と葛飾北斎(柳楽優弥) (C)2020 HOKUSAI MOVIE

九十年の生涯で描いた作品三万点以上、江戸時代に活躍した天才絵師・葛飾北斎。その人生を題材にした映画『HOKUSAI』(5月28日公開)。劇中には人生を懸けて絵を描き続けた葛飾北斎(柳楽優弥/田中泯)や、希代の名プロデューサーとして若き才能たちを発掘し育て、「絵は世の中を変えられる。」と熱い信念を貫いた蔦屋重三郎など、一時代を築き今も人々を魅了する、名匠たちの金言があふれている。このたび、阿部寛が演じる耕書堂の店主・蔦屋重三郎が逆境にも負けずに勝機を見据え、前へ進もうと力強い決意を見せるシーンの本編映像が解禁された。

【動画】映画『HOKUSAI』蔦屋重三郎のポジティブ過ぎる金言シーン

蔦屋重三郎と言えば葛飾北斎はもちろん、喜多川歌麿や東洲斎写楽など世界中に名を轟かせる、数々の絵師をこの世に輩出した江戸時代の名プロデューサー。レンタルビデオ・書店大手企業である“TSUTAYA”は、彼の名プロデューサーぶりにあやかって名付けられたとも言われる。日本独自の町人文化が栄えた頃、華やかな浮世絵は当時、庶民の間でも圧倒的な人気を誇っていた。しかし幕府の弾圧によりその状況は一転、版元や絵師は創作の自由を奪われていく…。

本映像では、禁制を犯したとして幕府にいち早く目を付けられた耕書堂の作品がにも燃やされ、店中も乱されて荒れ果てた場面が映し出されていく。その光景に立ち1枚の絵を手に取る重三郎は、汚されてもなお妖艶な魅力を纏う喜多川歌麿の作品に改めて感嘆し、「全くありがてえもんだ、出る杭は打たれるってな。つまりうちが江戸で頭一つ抜けた版元だってお墨付きを貰えたってことだ」と今後の商いが危ぶまれそうな非常事態にも臆していない様子。

さらに、「こいつは恵の雨ってもんよ。これで江戸中がうちの出方に目凝らしやがる。種を植えるには、またとねぇ折ってことよ。」と、ピンチな時こそ勝機と捉えており、決意を込めたその眼力も凄まじく、江戸随一の名プロデューサーたる堂々とした姿を見ることができる。

阿部は蔦屋重三郎について、「いろいろな才能を集めて自分で育てていく、先見の明があったと思うんですよね。今で言うプロデューサー的な人。いろんな世界に入っていってどんどん新しいことを作り出していく、この人がいたから色んな才能が開花したのだと思います。幅広い人脈を大事にしながら交流の場を多く持って、さまざまな才能を見つけ出し、世界に発信していきたいという夢を持ちながらも、夢半ばで亡くなっていったんですよね」と言い、演じるにあたり、葛飾北斎や喜多川歌麿の絵が展示されている美術館に足を運んだことも明かした。

「重三郎によるプロデュース後の北斎や歌麿が描いた作品の中にも、素晴らしい作品が多数あるんですよね。『あぁ、これを見ずして散っていったんだな』と思いました。それらの作品を目にした時に『きっとこういう才能のある人はすごく孤独だったんだろうな』と、今はそう思っています」と重三郎の生き様に触れ、思いを馳せるようにコメントを寄せた。

本作の橋本一監督も自身が出演したラジオ番組で、「絵を描くということ自体は当然ですが、一番は北斎の不屈の心を描きたいと思っていました。期せずしてですが、コロナで大きな打撃を受けている現代やそれを取り巻く状況において”負けてはいけない”という強い心は不変であり、何度でも立ち上がれるのが人間だ、というメッセージを強く込めました」と本作への思いを語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加