お笑い映像専門アプリ「LoooL」で次世代芸人を先取りチェック!

お笑い映像専門アプリ「LoooL」で次世代芸人を先取りチェック!

  • WANI BOOKS NewsCrunch
  • 更新日:2020/11/26
No image

テクニカルライター・田中拓也の『人生変えちゃうアプリ!』。今回紹介するのは、芸人のコントや漫才を楽しめる、お笑いネタ専門の映像配信サービス「LoooL(ルール)」です。すべてのネタが撮り下ろしという新鮮さと、毎月約100本ものネタが追加されるという量の多さで、お笑い好きなアナタにもってこいのサービスとなっています。

おもな参加芸人は、ぺこぱ、まんじゅう大帝国、ランジャタイ、Yes!アキト、三拍子、キュウ、スタンダップコーギー、さすらいラビー、街裏ぴんく、ダニエルズ、河邑ミク、ジグザグジギー、ルシファー吉岡、ヒコロヒー、モグライダーストレッチーズ……などです。

自分推しのネクストブレイクを探そう!

No image

▲「LoooL」のアプリアイコン

テレビで毎日見るというよりも、有望な若手芸人がほとんどです。テレビやYouTubeなどではなかなか見ることができないネタを楽しみ、ネクストブレイクや推しの芸人を探せるというのが、このアプリの最大の特徴です。

No image

▲LoooLのホーム画面

No image

▲15社以上の芸能事務所から参加する芸人たち

お笑いに詳しくないという人でも、キーワード検索のほかに、コントや漫才などのジャンルや気分に合わせたセレクションなど、さまざまな検索機能を用意しています。

No image

▲ジャンルから検索することも可能

3~5分程度で空き時間にピッタリ

LoooLでは、毎月約100本の新しい映像が追加されています。アプリを起動すると、おすすめや定番ネタなどがピックアップされているので、どれでも見たいものをタップします。一つの作品は3~5分程度で終わるものが多く、空いている時間などにさっと楽しめます。

配信される映像は、いずれもLoooLのために撮り下ろされたものです。スマートフォンでの見やすさにこだわっており、すべての映像は正方形で配信されています。横向きに回転してじっくり見るのではなく、縦持ちのまま手軽に見られるスタイルを追求しています。

映像は専用スタジオで収録されており、雑音や観客の笑い声などは一切入っていません。ライブ感ではなく、純粋にネタだけを鑑賞してもらうという意気込みを感じます。また撮影には4台のカメラが使われており、普段のテレビや劇場では見られない角度や距離から楽しめるという工夫もユニークです。

No image

▲撮り下ろしのネタ動画を楽しむ

お気に入りの芸人を応援する

視聴者はネタに対して「いいね」を付けることや、コメントを送信することが可能です。「いいね」の数は、そのまま人気に直結し、ユーザーがネタのおもしろさを直接評価するシステムです。この人気評価により配信される映像や芸人が決定されるので、自分の応援が形となって現れるといえるでしょう。

芸人にあまり詳しくないという人は、とりあえずホーム画面のオススメや厳選ネタから入るとよいでしょう。気に入ったネタや視聴履歴、さらにはフォローしている芸人などから、おすすめのネタをピックアップするレコメンド機能を備えているので、見るたびに好みに合った芸人やネタに出会える可能性が高くなります。

このほかプレイリストを作成し共有する機能もあり、ほかのユーザーが作成したプレイリストを楽しむことが可能です。

No image

▲作ったプレイリストはシェアできる

LoooLは無料アプリですが、再生できる映像の数に制限があります。無料版は最初の1か月は15本、2か月目以降は月5本までです。無制限で視聴するには、月額500円のプレミアムプランへの登録が必要です。

No image

▲プレミアムプランへの登録は設定から

ちょっとした息抜きにはもちろん、気分をあげたい、新しい推しを発掘したいという楽しみかたのできるアプリです。お笑いをもっと身近に気軽に楽しみたい人におすすめです。

〈田中 拓也〉

田中 拓也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加