山下美夢有66「積極的にできた」全米女子V“宿敵”笹生の背中追いかける

山下美夢有66「積極的にできた」全米女子V“宿敵”笹生の背中追いかける

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10
No image

宮里藍サントリー・レディースオープン第1日 10番、ティーショットを放つ山下美夢有(撮影・清水貴仁)

<国内女子ゴルフツアー:宮里藍サントリー・レディース>◇第1日◇10日◇兵庫・六甲国際GC(6517ヤード、パー72)◇賞金総額1億5000万円(優勝2700万円)◇無観客開催

新世紀世代の山下美夢有(19=加賀電子)が午前組で6アンダー、66をマークした。インスタートの10番パー4は、アプローチミスでボギー。「そこから気持ちを切り替えて、11番でバーディーを取れた。全体的に自分のプレーが積極的にできていた」という。

同学年の笹生優花が全米女子オープンに優勝。今大会開幕前には「感動した」と言いつつ「ライバルとしてやっている」との自負も口にした。「1打でもいいスコアで上がれるように、ボギーを打たないように」。自分ができる範囲でコツコツと。山下が笹生の背中を追いかける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加