【西武】2年目左腕・エンス 4回3安打2失点「全体的にいい投球ができた」

【西武】2年目左腕・エンス 4回3安打2失点「全体的にいい投球ができた」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2023/03/19
No image

西武・エンス

西武デートリック・エンス投手(31)が19日、ロッテとのオープン戦(ZOZOマリン)に先発登板し、4回3安打2失点だった。

初回、味方の失策から山口に適時打を献上。4回に再び山口にソロ本塁打を許し、失点はこの2点(自責点1)だった。

エンスは「雨でスライド登板となったけど、全体的にいい投球ができたと思っている。キャンプからここまで、肩・肘の違和感もないし、思ったとおりのいい投球ができているしね。ただ、4回に入って、少し浮いたチェンジアップでホームランを打たれてしまったのは反省点。次の登板に向けて、しっかりルーティンをこなして、いい投球ができるように頑張りたい」と満足げにこの日の73球を振り返った。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加