『オールドルーキー』第6話ゲストに肥後克広「自慢です」と語った綾野剛からの言葉とは

『オールドルーキー』第6話ゲストに肥後克広「自慢です」と語った綾野剛からの言葉とは

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2022/08/06

綾野剛主演で毎週日曜よる9時から放送している日曜劇場『オールドルーキー』。8月7日(日)に放送される第6話に阿部純子ダチョウ倶楽部肥後克広の出演が決定した。

このドラマは、サッカー以外のスキルや経験が何もない、どん底に追い込まれた主人公の新町亮太郎(しんまち・りょうたろう/綾野剛)が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語である。数々の人気ドラマで丁寧な人物描写と温かい物語を作り上げてきた福田靖が脚本を担当する、完全オリジナルストーリーだ。

【関連】『オールドルーキー』綾野剛“新町”の辛い過去、キャリアの低迷招いた現役時代の大ケガとは

本作では、アスリートたちへのリスペクトと共にスポーツが持つ様々な魅力をリアルにお届けするため、実際のトップアスリートたちに緻密な取材を行っている。各話でスポットが当たるアスリートはさまざまだが、それぞれの選手に選手としての葛藤や、自身が所属しているスポーツマネージメントの話などを取材し反映している。また、綾野のサッカー監修に大久保嘉人の起用や、Jリーグ・日本サッカー協会など、“本物”たちからのサポートが、このドラマにリアルと迫力を与えている。

8月7日(日)に放送する第6話に、Bリーグの強豪チーム「千葉ジェッツ」に所属するバスケットボール選手・新垣和人役で浅利陽介の出演が発表されているが、このたび、追加のゲストキャストが解禁。国内外問わず数々の作品に出演し、世界を見据えて成長し続ける阿部純子が出演する。

No image

阿部は2014年に主演を飾った映画で「第4回サハリン国際映画祭」主演女優賞、「第29回高崎映画祭」最優秀新人女優賞を受賞し、以降もドラマや映画に多数出演する実力派。日曜劇場への出演は『ノーサイド・ゲーム』以来3年振りとなる。

そんな阿部が本作で演じるのは、今シーズン限りで「琉球ゴールデンキングス」への移籍を希望する新垣の妻・新垣あかね。「ビクトリー」の正社員に昇格した新町は初仕事として、葛飾(高橋克実)から移籍交渉を引き継ぐが、新垣が練習中に大ケガを負ってしまい移籍交渉がストップしてしまう。あかねは選手生命の危機にまで追い込まれてしまった新垣に寄り添うが、今まで順風満帆だったため動揺してしまい、将来への不安を隠すことができない。移籍交渉が難航する中、元アスリートである新町が導き出した答えとは…?

さらに、新垣が移籍を希望している「琉球ゴールデンキングス」のフロントスタッフ・比嘉洋介役でダチョウ倶楽部・肥後克広の出演が決定。数々の名だたるドラマへの出演経験がある肥後だが、日曜劇場へ出演するのは本作が初めて。

肥後が今回演じる“フロントスタッフ”とは、チームを幅広い業務で支えるいわば裏方だ。新垣を移籍させるために奔走する新町の交渉相手であり、第6話のキーパーソンともいえる比嘉をどのように演じるのか?注目だ。晴れて「ビクトリー」の正社員としてスタートを切った新町が、初めて“エージェント”と呼ばれる移籍交渉に挑戦する8月7日(日)放送の第6話をお楽しみに!

<キャスト コメント>
【阿部純子】
とても楽しみにしていたドラマでしたので、お話をいただいた時は「まさか・・・!」とびっくり。スポーツ界の舞台裏、いつのまにか前のめりになって見てしまいます!今回はスポーツマンの妻という役どころ。心から応援したい人がいるというのは幸福なことだと思うので、こういった役柄をいただいたこともうれしかったです。今回の見どころは家族や仕事での“チームワーク”。スポーツに直接関わりのない方であってもひとの“想い”の部分に共感していただけるところが多いのではないかなと思います!さまざまな苦労を乗り越えられたその喜びを、仲間と分かち合えたら幸せもより大きくなる・・・。表舞台からはなかなかわからないけれど、ひととひとの繋がりが実はとても大事な原動力・エネルギーになるのかなぁと思います。

【肥後克広(ダチョウ俱楽部)】
『オールドルーキー』は毎週見ています。そのドラマへの出演オファーはビックリしました。綾野剛さんの大ファンなので一緒に演じるうれしさと贅沢感、大変光栄です。日曜劇場は名作揃いなので、この番組出演はもはや親孝行です。ダチョウ倶楽部は今、“俳優枠”と“焼き肉枠”があります。“俳優枠”の肥後としては自信がつきました。今回は沖縄のゆったり感と、フロントスタッフのシビアな気持ち、迷いの気持ち等々、非常に難しい役でした。監督にも気持ちの揺れ具合とか相談させてもらいました。綾野剛さんには「二人の間では気持ちの演技は成立してます」と言われました。これは自慢です。毎回そうですが今回も最高な作品です。肥後も難易度の高い役柄も自然に演じることが出来ました。是非ともご覧ください。

<第6話あらすじ>
正社員になった新町(綾野剛)が初めて担当するのは、バスケットボール選手の新垣和人(浅利陽介)。ベテランの新垣は家族のために、所属するBリーグの千葉ジェッツから琉球ゴールデンキングスへの移籍を希望。新垣の実力から移籍はほぼ確実だったが、練習中にまさかの大ケガを負ってしまう。キングスとの交渉は暗礁に乗り上げ、契約切れとなるジェッツに戻ることもできなくなった。

一転して引退の危機に追い込まれた新垣。社長の高柳(反町隆史)もマネージメント解消を考え始める。しかし、新町だけはどうしても諦められない。かつて自身も現役時代に大ケガを経験していたからだ。新町は高柳に「自分が新垣の戻る場所をみつける」と言い切る。

そんな矢先、新町は新垣から衝撃的な報告を受ける…。

■日曜劇場『オールドルーキー』
毎週日曜よる9:00~9:54

(C)TBS

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加