料理人版M-1「DRAGON CHEF」7・4全国放送決定 優勝賞金1000万円

料理人版M-1「DRAGON CHEF」7・4全国放送決定 優勝賞金1000万円

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

「DRAGON CHEF」に出演する(左から)総監督のフレンチシェフ・須賀洋介、MCの山里亮太、アシスタントの増田紗織(ABCテレビアナウンサー)=提供・吉本興業

吉本興業は9日、ABCテレビがタッグを組み、“料理人のM-1グランプリ”となる「ザ・プレミアム・モルツ presents DRAGON CHEF 2021」の決勝ラウンドが、7月4日の午後7時からABCテレビ・テレビ朝日系列で、全国放送されることが決まったと発表した。

「DRAGON CHEF」は、コロナ禍でピンチが続く日本の料理人や生産者を応援し、日本の食の魅力を世界へと発信していく、次世代スターシェフ発掘番組。プロ・アマ、料理ジャンルは問わず40歳未満なら誰でも参加可能で、優勝賞金は本家M-1と同じ1000万円。761人の応募の中から、全国各地の予選を勝ち抜いた若き料理人が、ここまでフードバトルを繰り広げてきた。

現在、開催されているサバイバルラウンドに進出しているのは、ミシュラン一つ星レストランで働く北の個性派フレンチシェフ、食のクリエーティブディレクター、「家事ヤロウ!!!」(テレビ朝日系で放送)が生んだ天才料理芸人など16人。

番組MCは山里亮太(南海キャンディーズ)。総監督をフレンチシェフの須賀洋介、アシスタントを増田紗織ABCテレビアナウンサーが務める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加