ロマチェンコ、ロペスが計量パス 4団体王座統一戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17

ボクシング世界ライト級4団体王座統一戦の前日計量が16日、米ラスベガスで行われた。

WBAスーパー、WBO、WBCフランチャイズ世界同級王者ワシル・ロマチェンコ(32=ウクライナ)とIBF世界同級王者テオフィモ・ロペス(23=米国)がともに、リミットの61・2キロでクリアした。

計量後はマスクはせずに約30秒のフェースオフ。ロペスがにらみつけるも、ロマチェンコは笑みを見せた。

無観客開催となるが、両陣営が割って入るなどヒートアップ。史上5人目の4団体統一王者をかけ、17日に激突する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加