NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
【前半速報】なでしこジャパン、開始早々に痛恨の失点。カナダ代表300試合達成の重鎮に先制許す【東京五輪】

【前半速報】なでしこジャパン、開始早々に痛恨の失点。カナダ代表300試合達成の重鎮に先制許す【東京五輪】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/07/21
No image

【写真:Getty Images】

【日本 0-1 カナダ 東京オリンピック グループE】

東京五輪のサッカー競技が21日に開幕し、日本女子代表(なでしこジャパン)はグループEの初戦でカナダ女子代表と対戦している。

高倉麻子監督率いる日本の先発メンバーにはFW岩渕真奈やMF長谷川唯、DF熊谷紗希ら主力級が名を連ねた。しかし、GKにサプライズが。大会直前のオーストラリア女子代表戦まで正守護神と見られていた山下杏也加がベンチスタートとなり、高倉監督は池田咲紀子を先発起用した。

なでしこジャパンは開始6分に痛恨の失点を喫してしまう。左サイドをカナダのFWニッチェル・プリンスに破られクロスを上げられると、FWクリスティン・シンクレアがシュート。最初のフィニッシュはゴールポストに当たったが、こぼれ球を再びシンクレアに押し込まれた。

カナダ女子代表のキャプテンマークを巻くシンクレアは、この試合で国際Aマッチ通算300試合出場を達成。節目の一戦を自ら祝う先制ゴールとなった。

その後はカナダが主導権を握り、日本は耐える展開に。なでしこジャパンは得意なはずのボール保持からの前進すらままならず、ほとんど決定機を作れないまま1点ビハインドを背負った状態で前半終了となった。

【得点者】
6分 0-1 クリスティン・シンクレア(カナダ)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加