オミクロン株ワクチン 広島県内でも接種始まる 安芸高田市ではきょうから集団接種

オミクロン株ワクチン 広島県内でも接種始まる 安芸高田市ではきょうから集団接種

  • RCC NEWS
  • 更新日:2022/09/23

次の感染の波を乗り切る切り札となるのでしょうか。新型コロナのオミクロン株に対応した新しいワクチンの接種が、広島県内でも始まっています。

【写真を見る】オミクロン株ワクチン 広島県内でも接種始まる 安芸高田市ではきょうから集団接種

このうち安芸高田市では23日午後6時から集団接種が始まりました。会場には、受け付け時間の前から事前予約した人の姿が…

23日は、およそ100人がワクチン接種をする予定で、オミクロン株対応型か、従来型のワクチンかを選べるようになっています。

オミクロン株対応ワクチンの接種は、県内の自治体の多くでは来月上旬にかけて始まる見込みです。

対象は、2回目の接種を終えた12歳以上で、前回の接種から5か月以上経過している人です。

広島県によりますと、各自治体ではまず、60歳以上や医療従事者などの4回目の接種が先行して実施され、それ以外の人の接種は10月中旬以降から始まるということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加