『ナイブズ・アウト』Netflixで続編決定 ダニエル・クレイグ&ライアン・ジョンソン監督が続投

『ナイブズ・アウト』Netflixで続編決定 ダニエル・クレイグ&ライアン・ジョンソン監督が続投

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/04/18
No image

ダニエル・クレイグ主演『ナイブズ・アウト』続編製作決定!<画像を拡大する>

ダニエル・クレイグ主演、ライアン・ジョンソンが脚本と監督を務めた完全オリジナルのミステリー映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2019)。Netflixで、本作の続編が2本製作されることが明らかになった。ダニエルとジョンソン監督は続投するという。

【写真】『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』フォトギャラリー

Deadlineによると、すでにライアン監督が脚本を書き上げており、オリジナルでもタッグを組んだラム・バーグマンとともに製作も手掛ける。Netflixは本作の権利のために、4億ドル(約435億円)の契約を結んだそうで、これはストリーミングサイト史上最高額の契約だという。

本作は、『007』シリーズで知られるダニエル・クレイグが南部訛りの名探偵にふんし、事件を解決するミステリー映画。『アベンジャーズ』のクリス・エヴァンスや名優クリストファー・プラマー、トニ・コレット、マイケル・シャノン、ドン・ジョンソンなど豪華キャストが出演し、大ヒットした。アカデミー賞では脚本賞に、ゴールデングローブ賞ではコメディ・ミュージカル映画部門作品賞、主演男優賞(ダニエル・クレイグ)、主演女優賞(アナ・デ・アルマス)にノミネートされた。

第1弾は、『007/ノー・タイム・トゥー・ダイ』からダニー・ボイル監督が降板したことで、突如ダニエルのスケジュールが空き、そのタイミングで、長年アガサ・クリスティーのミステリーのファンだったライアン監督が、温めてきたアイディアを迅速に具体化し、実現した。Media Rights Capitalによって製作され、ライオンズゲートが配給。4000万ドル(約44億円)の制作費に対し、3億1100万(約338億円)もの世界興行収入を上げた。

第2弾はギリシャにて今年6月に撮影開始予定。すぐにキャスティングが行われるという。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加