浦和内定の中大・大久保、横浜渡辺と対戦「楽しみ」

浦和内定の中大・大久保、横浜渡辺と対戦「楽しみ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

中大サッカー部からプロに羽ばたく(左から)浦和内定のMF大久保、鳥栖内定のDF松本、鳥栖内定のDF今掛、長野内定のFW高窪、南葛SC内定のGK飯吉

中大サッカー部が5人のJリーガーと1人の地域リーグ内定者を輩出し14日、多摩キャンパスで合同会見を行った。J2東京ヴェルディ内定のDF深沢大輝はチームが始動したため、映像での出演となったが、浦和レッズ内定のMF大久保智明、サガン鳥栖内定のDF松本大輔とDF今掛航貴、J3長野パルセイロ内定のFW高窪健人、関東2部南葛SCに加入するGK飯吉将通が壇上でプロへの決意を語った。

浦和に加入する大久保は東京Vユース出身。同期には横浜F・マリノスで活躍するMF渡辺皓太がいる。渡辺はユースからトップに昇格したが、大久保はトップに昇格できず中大に進学した。大学の舞台で持ち味のドリブル突破など攻撃のセンスを発揮し、大学3年の夏に浦和の加入内定が発表された。大久保は浦和を選んだ理由として「レッズは規模も大きく補強も大きい。競争は激しいですがチャレンジしたい思いがあった。あと、スカウトの方の熱量。練習試合や公式戦に足を運んでくださった。浦和のためにプレーしたいという気持ちが強くなり決断しました」と語った。

ユースの同期の渡辺と、この4年は別の道を歩んだが、J1の舞台で再会することになる。「(渡辺は)自分と同じ年で、小学校4年生からプレーしていた。追いついたとは思っていませんが、同じ舞台で戦えることで、すごく楽しみです」。

昨年は川崎フロンターレのMF三笘薫、旗手怜央、FC東京MF安部柊斗、DF中村帆高ら大卒1年目の選手がタイトル獲得チームで定位置を勝ち取り、即戦力として活躍している。三笘は大卒1年目でJリーグのベストイレブンにも選ばれた。大久保は「素直に大学サッカーの立ち位置が変わってきていることがうれしい。去年戦った選手がJで活躍していて、自分もその波に乗れたらいいと思いますし、自分が活躍することが中央大、関東大学サッカーの価値を高めると思う」と力を込めた。

中央大からは過去に昨季現役を引退した中村憲剛氏、東京DF渡辺、神戸FW古橋がプロで活躍し日本代表に羽ばたいている。大久保の目標は開幕スタメン。偉大な先輩の背中を追い、浦和で輝くことを誓っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加