福岡に吉本新劇場! 博多華丸・大吉、最新設備に驚き「もう少ししょぼいと...」

福岡に吉本新劇場! 博多華丸・大吉、最新設備に驚き「もう少ししょぼいと...」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/08/01
No image

吉本興業は、福岡ソフトバンクホークスが7月21日に開業したエンターテインメントビル「BOSS E・ZO FUKUOKA/ボス イーゾ フクオカ」(福岡市中央区地行浜2-2-6 福岡PayPayドーム敷地内)の7階に、13館目となる常設直営劇場「よしもと福岡 大和証券/CONNECT劇場」を7月31日にオープン。博多華丸・大吉とロバートがオープニングセレモニーに出席した。

吉本興業、3カ月半ぶり“客入れ” 西川きよし「待ちに待ったこの日がやっと…」

博多華丸・大吉は「天井が高く、換気も安心な最新の設備ということで、正直もう少ししょぼいと思っていたので慌てています。しかし、客席はどこからでも見やすそうなので、我々も福岡ロケの際などに出演できる日が来るのを楽しみにしています」と笑いを誘うコメント。一方、ロバートは「あまりにも環境がいいので、単独ライブをぜひやってみたい」と喜びのあまり、自粛期間中に温めていた新ネタを披露した。

最後に大吉より「東京大阪だと舞台に立てないような段階の若手が、福岡だとこんなに素晴らしい舞台に立てる、これは、福岡でしか育ちようのない芸人がこれから出現するということだと思っています。我々もなかなか今は頻繁には舞台には立てませんが、作家として提案は積極的にしていきたいし、いずれ劇場に戻るというのが我々吉本のストロングスタイルですので、その日までしっかり仕事をしていこうと思います」と語った。

会見後、「こけら落とし特別公演 初日 劇場できたZO!」が行われ、博多華丸・大吉、ロバート、バッドボーイズ、パンクブーブーの4組がこけら落としに華を添えた。

オープニングセレモニーには、大和証券福岡支店支店長・中川隆弘氏、福岡ソフトバンクホークス代表取締役専務COO・太田宏昭氏、吉本興業専務取締役兼よしもとエリアアクション代表取締役社長・泉正隆氏も登壇。

劇場名のネーミングライツとなった「CONNECT」について、中川氏はスマホ専用の投資サービスとして今月設立されたことを発表。太田氏は、「福岡paypayドーム」と「BOSS E・ZO FUKUOKA」の様々なコンテンツを周回しながら楽しんでほしい、という構想のもとに劇場がオープンしたことを明かした。

そして、泉氏は、よしもとの専用劇場のなかでも上位3本に入るサイズの劇場となったこと、またコロナ禍にオープンすることとなったこともあり、オンライン配信での観覧ができることも魅力のひとつであると伝えた。

「よしもと福岡 大和証券/CONNECT劇場」では、これからたくさんのプログラムとオンライン配信で笑いを届けていく。

写真:吉本興業提供

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加