子どもの夏休みの自由研究にぴったり!「すごすぎる天気の図鑑展」の魅力

子どもの夏休みの自由研究にぴったり!「すごすぎる天気の図鑑展」の魅力

  • レタスクラブ
  • 更新日:2022/08/06

「今年のテーマは何にしようか」と親も子も悩むのが、夏休みの自由研究ですよね。企画展「すごすぎる天気の図鑑展」(埼玉・所沢)へ行けば、その悩みが解決できるかもしれません。

目にしたら気をつけて!積乱雲の下に見える「雨の柱」に要注意/もっとすごすぎる天気の図鑑

No image

自由研究もサポートしてくれる「すごすぎる天気の図鑑展」

同展は、「ところざわサクラタウン」内「角川武蔵野ミュージアム」5階特設会場にて、9月25日(日)まで開催中。シリーズ累計34万部を突破したベストセラー「空のふしぎがすべてわかる!すごすぎる天気の図鑑」と「もっとすごすぎる天気の図鑑 空のふしぎがすべてわかる!」(KADOKAWA)の内容を楽しく体験できる企画展となっています。

“雲”をメインテーマに据えた同展を回れば、自由研究に取り上げることができそうな題材があちこちに。「雲の種類」や「雲の正体」などが、写真や図解、イラストで説明されており、図鑑を楽しむように回ることができるのです。

同展の広報担当者は「個人的には、Yes・Noで進んでいくフローチャートは自由研究におすすめです。これは、十種雲形の雲分類ができるフローチャート。入場者にもれなくプレゼントされる『自由研究ガイドブック』にQRコードが記載されているので、そこにアクセスしてコンテンツ内のノートを印刷し、フローチャートとともに使えば、雲の観察記録を付けることができるんですよ」と、お役立ちポイントを教えてくれました。

「文字とデータだけではハードルが高いかもしれませんが、図鑑や企画展では、かわいいイラストやキャラクターがふんだんに使われているので親しみやすいと思います。内容は、学年関係なく楽しんでいただけます。正直、『自由研究ガイドブック』の中身は、簡単な内容ではないのですが、ぜひ、意欲的に取り組んだいただければ。『すごすぎる天気の図鑑』シリーズ以外にも、“雲の研究”の参考文献を記載しているので、自由研究のサポートができると思います」と話してくれました。

No image

入場者にもれなくプレゼントされる「自由研究ガイドブック」

No image

「自由研究ガイドブック」に付いているQRコードにアクセスしてコンテンツ内のノートを印刷

No image

雲の観察記録を付けることができるノート

同展ではほかに、VRゴーグルをかけて楽しむ「積乱雲に飛び込め!VR雲バンジー」(有料)や、ARの異空間ホールに入って雲を間近で観察する「雲AR 空への扉」、お天気リポーター気分を味わえる「MRお天気リポーター体験」といった最新デジタルコンテンツもあり、見どころ満載。学びながら、楽しく体験してみてほしいと思います。

No image

【写真】VRゴーグルをかけて楽しむ「積乱雲に飛び込め!VR雲バンジー」

No image

原稿を読んでお天気リポーター体験!

No image

「雲AR 空への扉」など最新技術を駆使した体験型企画も

取材・文=平井あゆみ

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加