侍ジャパンが準決勝メキシコ戦へ秘策! 「遊撃・村上、一、二塁間に源田、中野」の極端シフト練習

侍ジャパンが準決勝メキシコ戦へ秘策! 「遊撃・村上、一、二塁間に源田、中野」の極端シフト練習

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2023/03/21

第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場中の侍ジャパンは19日(日本時間同日深夜)、20日(同21日午前8時試合開始)に行われる準決勝・メキシコ戦に向け、試合会場となるマーリンズの本拠地「ローンデポ・パーク」で最終調整をスタート。練習中も洋楽で爆音が流れる中、内外野のシートノックが行われた。

No image

WBC<日本前日練習>本番会場で練習する日本ナイン(撮影・光山 貴大)

村上が遊撃の位置、二塁より一塁側に源田、中野、と極端な守備体系を敷き練習を行った。メキシコはメジャー選手が揃い、準々決勝以上に1点の重みが増す。

同球場は2012年に開場した開閉式の人工芝球場。ファウルゾーンは極端に狭いが、中堅は約122メートル、左中間約116メートル、右中間約118メートルと広い。投手力を前面に出して戦う侍ジャパンにとっては有利な球場ともいえる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加