2021年の空港別定時出発率、羽田や伊丹など日本勢が首位独占 英Cirium調査

2021年の空港別定時出発率、羽田や伊丹など日本勢が首位独占 英Cirium調査

  • Aviation Wire
  • 更新日:2022/01/15

航空分野の情報を提供する英国の「シリウム(Cirium)」が公表した、2021年の空港別の定時出発率によると、発着規模が最も大きい「グローバル」部門で羽田空港が首位となった。グローバルを含め、全4カテゴリーの首位は日本の空港が独占した。

No image

21年の定時出発率で首位を獲得した羽田空港=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

空港別のデータでは、発着便の多い順に「ラージ(大規模)」「ミディアム(中規模)」「スモール(小規模)」と分類。定刻に対して15分未満の遅延を「定時出発」と定義している。各空港とも予定されていた便に対し、月間の実運航の発着データが80%以上取得できたものを対象とする。また大規模部門のうち、運航便数が上位10%で、アジアや欧州、北米など3地域以上に運航する空港を、発着規模が最も大きい「グローバル」部門とした。

今回の年間調査では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響による旅客減を考慮し、2021年は6月から12月までの運航実績を対象にした。

—記事の概要—
・グローバル空港
・大規模空港
・中規模空港
・小規模空港

グローバル空港

発着規模が最も大きな「グローバル」部門では、羽田空港が首位を獲得。定時出発率は95.55%、運航便数は15万4158便、運航路線数は84路線だった。

定時出発率2位はモスクワ(ロシア)のシェレメチェボ空港で94.76%、3位は成都双流国際空港(中国)で88.26%だった。4位はバルセロナ(スペイン)のエル・プラット空港で86.89%、5位は米ミネアポリス・セントポール国際空港で86.78%だった。

大規模空港

大規模空港の「ラージ」部門では、伊丹空港が首位を獲得。定時出発率は96.51%、運航便数は5万5752便、運航路線数は34路線だった。

定時出発率2位は福岡空港で95.74%だった。3位は羽田空港で95.55%、4位には新千歳空港の95.05%、5位にはシェレメチェボ空港の94.76%がランクインした。

中規模空港

中規模空港の「ミディアム」部門では、関西空港が首位を獲得。定時出発率は92.05%、運航便数は2万3400便、運航路線数は48路線だった。

定時出発率2位は鹿児島空港で91.83%、3位はメノルカ空港(スペイン)で91.17%だった。4位にはビルバオ空港(スペイン)の90.55%、5位はレシフェ(ブラジル)のグアララペス・ジルベルト・フレイレ国際空港の90.51%がランクインした。

小規模空港

小規模空港の「スモール」部門では、松山空港が首位を獲得。定時出発率は96.05%、運航便数は8961便、運航路線数は7路線だった。

定時出発率2位は熊本空港で96.03%、3位は宮崎空港で95.97%だった。4位は仙台空港の94.95%、5位は台北松山空港(台湾)で94.71%だった。

Yusuke KOHASE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加