パナソニック、ネットワークカメラの新シリーズ発売‐2種類のAIアプリ

パナソニック、ネットワークカメラの新シリーズ発売‐2種類のAIアプリ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/11
No image

パナソニックi-PROアイプロセンシングソリューションズは6月10日、AIプロセッサーを搭載したネットワークカメラ「i-PRO Sシリーズ」を2021年9月から発売すると発表した。販売はパナソニック システムソリューションズ ジャパンを通して行う。価格はオープン。

ブラウザで遠隔操作できるクラウド型ロボット制御プラットフォーム

「i-PRO Sシリーズ」は、新しいスタンダードモデルとしてAIプロセッサーを標準で搭載し、カメラ内で顔や人、車両、二輪車を自動で識別することが可能。映像の分析・解析といったAI処理をカメラ内で行うことで、サーバー側のAI処理の負荷が分散され、カメラ単体で映像の分析・解析をすることができる。

また、AIアプリケーションを最大2つまでインストールできることも特徴の1つだ。従来の防犯用途だけでなくAIアプリケーションによる映像の分析・解析をすることで、事件事故の未然防止や業務効率化につなげることが可能。

パナソニックの従来品(Sシリーズ)と比べ画質を改善され、AI音識別機能も新たに搭載
された。人の叫び声やガラスの破損音、クラクション、銃声といった音を識別し通知する。「i-PRO Sシリーズ」の一覧は以下の通り。同社は今後、同シリーズの長焦点モデルも2021年12月に発売する予定だ。

早川竜太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加