「パリ五輪で金メダル」に向けて、更なる進化は続く【女子バスケ日本代表】

「パリ五輪で金メダル」に向けて、更なる進化は続く【女子バスケ日本代表】

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2022/06/23
No image

日本中が沸いたあの熱狂から、約1年。東京オリンピックで銀メダルを獲得した女子バスケットボール日本代表は、次の目標に向かって突き進んでいる。

【画像】W杯へ向けた強化試合でMVPを獲得したオコエ桃仁花選手

その目標とは「パリオリンピックで金メダルを獲得すること」チームを率いる恩塚亨ヘッドコーチは、「金メダルを獲るために」から全てを発想する、と話している。

2024年に世界の頂点へ上り詰めるべく、彼女たちの戦いはすでに始まっているのだ。

トルコとの強化試合は2連勝!脅威のディフェンス力に会場が沸いた

6月18日(土)と19日(日)の2日間、千葉ポートアリーナで「三井不動産カップ2022千葉大会」が行われた。9月にオーストラリアのシドニーで開幕するワールドカップへ向けた強化試合ともなり、注目が集まる試合となった。

FIBAランキング8位の日本に対し、この大会の相手は9位のトルコ。今回の試合は若手のメンバーで臨んだトルコだったが、2メートル5センチの選手を擁し、平均身長は183.3センチと、日本の175.7センチを約8センチ上回った。

18日のGAME1は、立ち上がりから日本がエナジー全開のディフェンスで主導権を握る。トルコはその勢いに圧倒され、終始日本がペースを掴む展開に。

日本は第1クォーターで、この大会でMVPを獲得したオコエ桃仁花選手が15点を奪取。登録メンバー15人全員が出場し、各々の持ち味をコートで発揮した。この試合日本は激しいディフェンスからトルコのミスを誘い、25個のターンオーバーを誘う。最終スコアは77-49で快勝した。

19日のGAME2は前日の試合からしっかり修正してきたトルコがGAME1のような流れにさせず、日本も停滞した時間が出る。

しかし第2クォーターから徐々に追い上げを見せ、39-23で前半が終了。やはりこの試合も、停滞した時間を打開したのはディフェンスだった。後半は若手選手や初の代表招集となった選手も伸び伸びと躍動し、83-57で強化試合2連勝を飾った。

フレッシュな面々も…ニューヒロイン誕生に注目

今回選ばれた日本代表候補15人のなかで、初めてのA代表候補となったのは5人。東京オリンピックを経験した選手に加え、フレッシュな面々が揃った。

この2試合でスターターを務めたのは安間志織選手、髙田真希選手、東藤なな子選手、赤穂ひまわり選手、オコエ桃仁花選手の5人。

日本の大黒柱・髙田選手に、約1年ぶりの代表戦となった安間選手、東京オリンピックも経験した注目の若手3人という構成になった。

また、ベンチからは経験豊富な宮澤夕貴選手、U19ワールドカップ代表でもある平下愛佳選手、昨季Wリーグでルーキーオブザイヤーを獲得した𠮷田舞衣選手などが登場し、選手層の厚さも感じさせた。

さらには、現役大学生の朝比奈あずさ選手、江村優有選手など、期待の若手も控えている。ワールドカップへ臨む最終選考メンバーも非常に気になるところだ。

恩塚JAPANが見据える女子バスケのこの先

恩塚JAPANが始動し、「世界一のアジリティ」を遂行すべく日々研鑽してきた。

他者に絶対負けない強みであるこのアジリティを次々に発揮し、どんな状況にも対応し、相手にカウンターを入れるスタイルである「COUNTER BASKETBALL」をテーマに掲げ、さらなる高みを目指す。

8月には仙台での国際強化試合が予定されていて、対戦相手はまだ未定だが、翌月に控えたワールドカップに向けて非常に重要な試合となる。

ワールドカップへは14回目の出場となる女子日本代表。前回大会の18年スペイン大会は、中国に敗れベスト8進出を逃している。「パリで金」へ向けて、このワールドカップの持つ意味を今一度確認しておきたい。

今回の強化試合のGAME1、会場となった千葉ポートアリーナには4,418人が詰めかけ、女子日本代表の試合の最多入場者数を更新した。

ますます注目と期待が高まるなかで2連勝を飾った選手たちに、会場からは割れんばかりの拍手が送られた。コートを躍動する背中、美しい3ポイントの軌跡、ベンチで弾ける笑顔、そのどれもが恩塚JAPANが掲げる「ワクワクの連続」で、我々を魅了してやまない。彼女たちはこの勢いのまま、次のステージへ駆け上がってゆくはずだ。

【画像:(C)JBA】

船岡未沙希

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加