瀬谷西・武田「良かった」桐蔭学園戦で変化球に自信

瀬谷西・武田「良かった」桐蔭学園戦で変化球に自信

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

瀬谷西対桐蔭学園 2番手で登板した瀬谷西・武田(撮影・湯本勝大)

<高校野球秋季神奈川大会:桐蔭学園10-2瀬谷西>◇15日◇2回戦◇サーティーフォー保土ケ谷球場

瀬谷西が7回コールドで敗れた。

背番号5の左腕が強豪打線に立ち向かった。武田碧杜投手(2年)が、0-2で迎えた2回2死一塁の場面で2番手として登板。2回を投げて6安打4失点だった。「ボール球が多かった。桐蔭の選手たちはみんな大きくて怖いのはあったけど、変化球でフライに打ち取れた部分は良かった」と前を向いた。

右投げの選手が三塁手を務めることが多い中、珍しい「5」の左腕。チーム事情で正三塁手が不在のため、投手一筋の武田が背負った。この日は「1」の近村琉介投手(2年)が先発で三塁に入った。

チームの目標は、夏の県大会32強。エースナンバーで貢献できるよう、オフ期間はコントロールを安定させ、体も大きくする。「シャドーピッチングでフォームを固めて、リリースポイントを安定させたい」と意気込んだ。【湯本勝大】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加