広島・床田は3回7安打4失点で降板

広島・床田は3回7安打4失点で降板

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/04
No image

2回、同点とされてベンチに戻る広島・床田=東京ドーム(撮影・堀内翔)

「巨人-広島」(1日、東京ドーム)

先発した広島の床田は役割を果たせず、3回7安打2奪三振4失点(自責点2)で降板した。味方の拙守もあり、相手に主導権を握られた。

1点リードの二回は無死二塁からウィーラーの適時打で同点とされ、三回は先頭の亀井に右翼への二塁打。続く坂本に四球を与えて一、二塁のピンチを招いた。

ここで3番・丸の犠打を一塁・松山が一塁ベースカバーに入った菊池涼に悪送球(記録は内野安打)。亀井が本塁に生還し、ボールが右翼前に転がる間に丸にも、二塁を陥れられた。

ここで流れを食い止めたかったが、1死二、三塁でウィーラーの犠飛で1点を追加。さらに中島には右中間への適時二塁打。完全に巨人打線にペースを握られ、打順が巡ってきた四回で代打を送られマウンドを降りた。今季6試合目の登板となった左腕だが、今季2勝目がなかなか遠い。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加