尾木ママ、東大前刺傷事件で逮捕の少年に「勉強や受験の意味を履き違えている」

尾木ママ、東大前刺傷事件で逮捕の少年に「勉強や受験の意味を履き違えている」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/01/15
No image

尾木直樹氏

「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏(75)が15日、ブログを更新。東京都文京区の東大前の歩道で大学入学共通テストの受験生ら3人が刃物で切り付けられ、名古屋市の私立高2年の少年(17)が殺人未遂容疑で現行犯逮捕された事件について言及した。

尾木氏は「社会に広がる『拡大自殺』願望か!?」と題してブログを投稿。同事件について触れた上で「『勉強が思うようにはかどらず、事件を起こして死刑になりたかった』という主旨の供述をしているとか まだ高2の男子高校生 名古屋から上京しての凶行!? コロナ禍の中での連鎖する『拡大自殺願望』事件 その模倣犯のように思えます」と自身の見解を示した。続けて「勉強や受験の意味を履き違えているのではないでしょうか?」「高二のこれからだというのに本当に自殺行為です」と断じ「被害者の回復を願うと共に、二人の受験生の受験機会の保障を特例措置して欲しいですねーー高齢者男性の命が助かることを祈りたいです」と願った。

そして「52万人の受験生の皆さん、動揺しないで明日からの2日目も全力を尽くしてくださいませ」と受験生にエールを送り、捜査関係者には「加害者少年の心理分析など丁寧な分析をお願いしますーー事件の連鎖に警戒したいです」と警鐘を鳴らした。

事件が起きたのは、この日午前8時半ごろ。高校3年の男女と男性(72)が刃物で背中を切り付けられた。3人は病院に搬送され、男性は重傷で、男女は命に別条はない。捜査関係者によると、少年は「勉強がうまくいかなくて事件を起こして死のうと思った」などと供述しているといい、警視庁は東大周辺で無差別襲撃を図った可能性があるとみている。

入試センターによると、東大では共通テスト初日の試験を予定通り実施。被害者は29、30日にある追試験の対象になる見通し。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加