部下の女性を触るなどのセクハラ行為 県職員を懲戒処分 長野

  • SBCニュース
  • 更新日:2021/11/25

県の男性職員が部下の女性にセクハラ行為を行い、懲戒処分を受けました。
セクハラで戒告処分となったのは、県環境部の現地機関の課長クラスの男性です。
県によりますと、男性は今年春ごろ、部下の女性職員の指や腕を複数回にわたって触り、女性職員が別の上司に相談して問題が発覚したということです。
聞き取りに対し、男性は「感謝の気持ちを示すためだった」と話していて、県は外部講師による研修を行うなどし、再発防止に努めるとしています。

mosa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加