LGBTQ+のイベントが禁止されているトルコで、法律の抜け穴を狙って堂々とレインボーフラッグを掲げたNGOの共同施策

  • PR EDGE
  • 更新日:2022/06/24

LGBTQ+の権利の啓発を促すさまざまなイベントが世界中で開催される6月のPride Month(以下プライド月間)にあわせ、6つの異なるNGOが共同で企画したOOH施策がトルコで公開されました。

同国では2015年より、当局により性的少数者によるプライドイベントが禁止されているのですが、制度の抜け穴を突くことでプライド月間が掲げる多様な価値観を表現しました。

https://predge.jp/wp-content/uploads/2022/05/rainbowhack_eng_100mb-1.mp4

レインボーカラーのグッズの販売や集会の開催が法律によって規制されているトルコでは、毎年プライド月間が近づくと武装した警察隊がLGBTQ+の会合に乱入し、放水砲や警棒を使い罪なき人々を攻撃してしまうことが問題視されています。

No image
No image
No image

こうした状況下で、LGBTQ+の人々が本来の自分を自由に表現できる環境を作りたいと願った6つのNGOは、それぞれが別々のOOH媒体を購入し、1つの媒体につき1つの色のみを使うことで結果的にレインボーカラー(※赤・橙・黃・緑・青 ・紫)を再現する施策を実施しました。

※日本では「藍」を足した7色が一般的ですが、アメリカなどでは6色、ドイツでは「紫」を削った5色など、地域や文化によって異なります。

No image
No image
No image

1媒体でレインボーカラーを表現するのが規制されているのであれば、横並びになった媒体すべてを使うことでレインボーカラーを表すのは問題ないという着眼点に基づいて企画された施策は瞬く間に各メディアが取り上げ、さらに普段はLGBTQ+の現状に言及しないインフルエンサーたちの支援も受け、大きなリアクションとポジティブなメンションを獲得しました。

No image
No image

その他のCSR事例についてはこちら https://predge.jp/search/post?genre=28 会員登録、メルマガの受信設定はこちら https://predge.jp/

PR EDGE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加