[プレミアリーグWEST]名古屋U-18が後半ATの決勝点で無敗キープ!京都U-18は7戦目で初白星!:第5節

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/20

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2021 WESTは18日、第5節の2試合を行った。

名古屋グランパスU-18(愛知)は後半45+1分にFW真鍋隼虎が決勝点を決め、セレッソ大阪U-18(大阪)に2-1で逆転勝ち。無敗をキープした。京都サンガF.C.U-18はFW勝島新之助の先制点とMF山嵜陽の2ゴールによってサガン鳥栖U-18に3-1で勝利。7戦目で待望の初白星を挙げている。

【第5節】
(5月1日)
[吉田サッカー公園 人工芝グラウンド]
サンフレッチェ広島ユース1-0大津高
[広]棚田遼(19分)

(7月18日)
[サンガスタジアム by KYOCERA]
京都サンガF.C.U-183-1サガン鳥栖U-18
[京]勝島新之助(7分)、山嵜陽2(20、45+2分)
[鳥]小西春輝(62分)

(未定)
[未定]
ジュビロ磐田U-18vsガンバ大阪ユース

(8月28日)
[いぶきの森球技場Cグラウンド(人工芝)]
ヴィッセル神戸U-18(18:00)東福岡高

(7月18日)
[セレッソ大阪舞洲 天然芝グラウンド]
セレッソ大阪U-181-2名古屋グランパスU-18
[C]金本毅騎(56分)
[名]オウンゴール(81分)、真鍋隼虎(90+1分)

※日程はJFA参照

▼関連リンク
●高円宮杯プレミアリーグ2021特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加