SBS、初のオーディション番組「UNIVERSE TICKET:82の奇跡」制作開始...8人組ガールズグループ結成へ

SBS、初のオーディション番組「UNIVERSE TICKET:82の奇跡」制作開始...8人組ガールズグループ結成へ

  • WoW!Korea
  • 更新日:2023/01/26
No image

SBS、初のオーディション番組「UNIVERSE TICKET:82の奇跡」制作開始…8人組ガールズグループ結成へ(画像提供:wowkorea)

SBSとF&Fエンターテインメントがタッグを組んだ大型プロジェクトが、ついにベールを脱いだ。

F&Fエンターテインメントは25日、SBSとタッグを組み、今年下半期の放送を目指してきたグローバルグループオーディション番組「UNIVERSE TICKET(副題:82の奇跡)」の制作に着手したことを明らかにした。

「UNIVERSE TICKET」はSBSで放送される初のガールズグループプロジェクト。「K‐POPスター」のアシスタントディレクターを経て、SBSの看板番組「ランニングマン」、JYPエンターテインメントとP NATIONのボーイズグループ選抜番組「LOUD」を演出したイ・ファンジンプロデューサーが総演出を担当した。

「UNIVERSE TICKET」は、韓国の国番号である「82」という数字に意味を置いて誕生した大型グローバルオーディション。82人の練習生が登場し、82日間の特別ミッションを経て、現実と仮想空間の2か所で活動するメンバー8人を最終的に選抜する。国籍や所属事務所の有無は関係なく、次世代ガールズグループの夢を持つ満10~19歳の女性なら志願することができる。最終的に選抜された練習生は、2年6か月間、F&Fエンターテインメント所属として支援を受けながら活動する。

演出を担当したイ・ファンジンPDは、「ここ数年間で放送されたオーディション番組をすべて調べた。どんな番組でも長所・短所はあるが、その中で長所を最大限に高め、短所は最大限補完できる方法を考え中だ。一番問題が多かった偏向的な演出、悪意のある編集などの問題を優先的に補完するため、オーディション参加者たちによる投票を追加し、比重を高めようと思う。これは放送では見られなかった参加者たちの本当の性格やチームワーク、誠実性、短期間の練習で習得した実力とは異なる、基本的な実力とを区別するためだ」と説明した。

企画と制作を担当したF&Fエンターテインメントのチェ・ジェウ代表取締役は、「K-POPが急成長した理由については、さまざまな分析がある。正確に述べるなら、Kカルチャーの成長と言える。K-POPの音楽的な水準はすでに高く、グループ化されたアーティストが作ったパフォーマンスも継続的に存在している。K-POPを楽しむファン文化の伝播がもっとも大きな理由だと思っている」と述べた。

また「『UNIVERSE TICKET』はこのようなファンダムの規模を個人ではなく国家単位で拡張させ、単にアーティストではなくインフルエンサーとしての力量まで評価され、競争する、最大規模のグローバルオーディションとなると考えている」とし、「もっとも憂慮される公正性に対する否定的な話題を作らないこと、ファンだけの音楽ではなく、大衆性のある音楽をオーディションの出演者たちが作ることが、私たちの課題」と強調した。

F&Fエンターテインメントは昨年11月、F&FがK-POP市場に出資し設立した会社。F&Fがファッションで培ったグローバルブランディングとマーケティングのノウハウをK-POP産業に融合させ、短期間で高い効果を出すものと予想されている。そのため、今回の「UNIVERSE TICKET」を通じ、新しい“HIGH-END”なガールズグループの誕生に期待が高まっている。

グローバルガールズグループのオーディション番組「UNIVERSE TICKET」は、韓国で2023年下半期の放送を予定している。現在は企画を終え本格的な制作に入った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加