西武、現役引退の國場翼が打撃投手兼スコアラーに 「チームの力となるように」

西武、現役引退の國場翼が打撃投手兼スコアラーに 「チームの力となるように」

  • フルカウント
  • 更新日:2020/11/20
No image

西武・國場翼【写真:荒川祐史】

國場は通算24試合に登板し1勝0敗3ホールド、防御率4.71の成績を残す

西武は20日、現役引退した國場翼投手が来季から打撃投手兼スコアラーに配置することを発表した。

國場は2015年ドラフト8位で西武に入団。2016年に1軍デビューを果たし、今季は7試合に登板し0勝0敗1ホールド、防御率7.36。通算は24試合に登板し1勝0敗3ホールド、防御率4.71の成績を残した。

13日に球団から来季の契約を結ばないことを通告され、この日にNPBから任意引退選手として公示されていた。國場は球団を通じ「これからは打撃投手としてチームの力となるよう頑張ります」とコメントを発表した。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加