「ワンチャンスで決め切ってくれた」エース岩渕の一撃に高倉監督も感謝

「ワンチャンスで決め切ってくれた」エース岩渕の一撃に高倉監督も感謝

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/21
No image

[7.21 東京五輪GL第1節 日本女子 1-1 カナダ女子 札幌ド]

ドロー発進となったなでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督は「初戦なので非常に難しかった。前半は失点したくなかったが、(前半6分に失点して)追いかける形になったので、少し重い、苦しい感じもあった」と率直に試合を振り返った。

チャンスらしいチャンスをつくれないまま、1点ビハインドで前半終了。「前半は自分たちのリズムを作れなかったので、人の距離を修正しようということで後半に入って、自分たちのリズムでできる時間は増えたかなと思う」。後半から投入されたFW田中美南が後半開始早々の2分にPKを獲得。田中が自ら狙ったPKは相手GKのセーブに阻まれたが、後半39分にエースのFW岩渕真奈が起死回生の同点ゴールを奪った。

「なかなかチャンスを作れなかった中で、あのワンチャンスで決め切ってくれたのは非常に頼もしい」。背番号10の一撃に感謝した指揮官は「粘り強く戦ってくれた。勝ち点1をプラスに捉えて次に進んでいきたい」と前を向く。

次戦は中2日でイギリス戦(札幌ド)。初戦でチリに2-0で勝ってグループ首位に立った相手だ。高倉監督は「まだまだこれからなので、ゲームを振り返りながら、次のゲームはもっと良い試合にしたい」と次なる戦いを見据えた。

●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加