ケンコバ、若手時代の過酷ロケを振り返る「マジで死にかけた」

ケンコバ、若手時代の過酷ロケを振り返る「マジで死にかけた」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/17
No image

お笑い芸人のケンドーコバヤシが、14日に放送されたMBSラジオ『アッパレやってまーす!』(毎週月曜~木曜 22:00~)で、若手時代に経験した過酷なバラエティ番組企画を振り返った。

柏木由紀、過酷だった番組企画を回顧「今だったら“激ギレ”する(笑)」

ケンコバは、下積み時代に「なんでもやってきた」と回想し、「今思ったら、とんでもないことやってるもんね。船と芸人10人で綱引きして、どっちが勝つかクイズですって」と振り返った。

続けて「『それでは正解、生中継でやってみましょう』ってやったら、0.4秒くらいで全員海の中に引きずり込まれて(笑)。真冬の海に。マジで死にかけたもんね」と明かした。

そして、ケンコバは「今の安全性が確保された危険ロケを見て、『甘えたこと抜かすな。死なへんやろ』って老害みたいなことを言ってる(笑)」と笑っていた。

なお同番組は、放送後1週間以内であればradikoで聴取可能(エリア外の場合はプレミア会員のみ)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加