近江兄弟社高・川森天詩、全日学複王者・谷渡亜美に劇的逆転勝利<全日本卓球2023女子単3回戦➀>

近江兄弟社高・川森天詩、全日学複王者・谷渡亜美に劇的逆転勝利<全日本卓球2023女子単3回戦➀>

  • Rallys(ラリーズ)
  • 更新日:2023/01/26
No image

<天皇杯・皇后杯 2023年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月23日~29日 場所:東京体育館>

25日、全日本卓球選手権大会は3日目を迎え、女子シングルス3回戦が行われた。

川森天詩(近江兄弟社高)は全日学女子ダブルス王者の谷渡亜美(愛知工業大)と対戦。第1、第2ゲームを谷渡が連取して追い詰められた川森だったが、第3ゲームをデュースで制するとそこから第4、第5ゲームを連取し、ゲームカウント3-2で逆転勝利。4回戦に駒を進めた。

その他には、永尾尭子(サンリツ)、林めぐみ(キヤノンメディカル)らが白星を挙げ、4回戦進出を果たした。

4回戦からはスーパーシード選手が登場する。前回王者の伊藤美誠(スターツ)は岡崎日和(東洋大)、3位の木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)は司千莉(香ヶ丘リベルテ高)と対戦する。

女子シングルス3回戦の結果と4回戦の組み合わせは以下の通り。

女子シングルス3回戦結果①

大島奈々(専修大)0-3 岡崎日和(東洋大)〇
山本笙子(レゾナック)0-3 菅澤柚花里(デンソー)〇
横井咲桜(四天王寺高)3-1 岩木仁香(横浜隼人高)
郡山七海(新潟大)0-3杉田陽南(早稲田大)〇

木村香純トップおとめピンポンズ名古屋)3-0 小室聖(NTT東日本)
〇髙橋沙希(國學院大)3-0 伊藤詩菜(四天王寺高)
山形あすか(近畿大)0-3 森廣伽衣(愛知工業大)〇
中山恭花(専修大)0-3 牧野里菜(遊学館高)〇

津田菜穂(同志社大)2-3 仲本七虹(専修大)〇
〇林めぐみ(キヤノンメディカル)3-0 德村優衣(鎮西学院高)
〇川森天詩(近江兄弟社高)3-2 谷渡亜美(愛知工業大)
鈴木李茄(トップおとめピンポンズ名古屋)3-0 瀬山咲希(トプコン)

No image

写真:司千莉(香ヶ丘リベルテ高)/撮影:ラリーズ編集部

高橋花(日本体育大)0-3 小畑美月(デンソー)〇
〇永尾尭子(サンリツ)3-1 首藤成美(希望が丘高)
枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)3-0 髙東沙奈(愛媛銀行)
〇司千莉(香ヶ丘リベルテ高)3-1 竹本朋世(十六銀行)

女子シングルス4回戦組み合わせ①

伊藤美誠(スターツ)- 岡崎日和(東洋大)
菅澤柚花里(デンソー)- 本井明梨(同志社大)
井絢乃(中国電力)- 横井咲桜(四天王寺高)
杉田陽南(早稲田大)-森さくら(日本生命)

野村萌(デンソー)- 木村香純(トップおとめピンポンズ名古屋)
髙橋沙希(國學院大)- 出雲美空(サンリツ)
田口瑛美子(レゾナック)- 森廣伽衣(愛知工業大)
長﨑美柚(木下グループ)- 牧野里菜(遊学館高)

木村光歩(中国電力)- 仲本七虹(専修大)
林めぐみ(キヤノンメディカル)-皆川優香(大阪成蹊大)
川森天詩(近江兄弟社高)- 黒野葵衣(早稲田大)
鈴木李茄(トップおとめピンポンズ名古屋)-南波侑里香(トップ名古屋)

橋本帆乃香(ミキハウス)- 小畑美月(デンソー)
永尾尭子(サンリツ)- 玉石幸穂(エクセディ)
枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)-岡田琴菜(愛知工業大)
司千莉(香ヶ丘リベルテ高)- 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)

文:ラリーズ編集部

ラリーズ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加