TOYO TIRE、マッド・マイク選手による1200馬力・4ローターツインターボロータリー搭載マツダ3でのパイクス参戦をサポート

TOYO TIRE、マッド・マイク選手による1200馬力・4ローターツインターボロータリー搭載マツダ3でのパイクス参戦をサポート

  • Car Watch
  • 更新日:2022/01/15

2022年1月14日~16日 開催

No image

ハデな雰囲気のTOYO TIREブース。ある意味、未来的な雰囲気がただよっていた

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム参戦をサポート

TOYO TIRE1月14日、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催されている「東京オートサロン 2022」においてプレスカンファレンスを開催。同社 代表取締役社長 清水隆史氏がオンライン登壇し、オートサロンにおけるブース紹介やパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムのサポートなどが語られた。

清水社長によるオンラインプレスカンファレンスは、ブース紹介などを行なうモータージャーナリスト 竹岡圭さんの司会によってスタート。今回のブースは、ブースコンセプトを「クロスオーバー」とし、「来場のみなさまと当社が進む道が交わる接点として、お互いに新たな価値を発見する場にしたいと考え、組み立てた次第です」と紹介した。

No image

オンラインプレスカンファレンスを行なうTOYO TIRE株式会社 代表取締役社長 清水隆史氏

実際、ブース配置も同社のオンロード用タイヤである「プロクセス」シリーズ、オフロード用タイヤである「オープンカントリー」シリーズが交わるように配置され、「X」が印象強く残るようなものになっていた。

また、プレスカンファレンスでは同社のブランドアンバサダーであるマッド・マイク選手によるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム参戦のサポートも発表。マッド・マイク選手は、1200馬力・4ローターツインターボロータリーエンジンを搭載したマツダ3でパイクスに参戦するという。

No image

1200馬力・4ローターツインターボロータリーエンジン搭載マツダ3でパイクス参戦を発表するマッド・マイク選手

No image

ブースのガイド役はモータージャーナリスト 竹岡圭さん

新製品のプロクセス TR1と、オープンカントリー M/T-R展示

No image

クロス配置されたプロクセスとオープンカントリー

ブースにはTOYO TIREのさまざまな製品が展示されていたが、新製品としてはプロクセス TR1とオープンカントリー M/T-Rを展示。2022年春発売予定のプロクセス TR1は、GR86に装着されて展示されていた。

同社のブースは、プロクセスとオープンカントリーを中心に展示されていたが、ブースの片隅にはミニバン用タイヤの新製品であるトランパス mp7も展示。新型ステップワゴン、新型ノア、新型ヴォクシーと話題の新車向けタイヤとして展示されていた。

No image

プロクセス TR1を装着したGR86

編集部:谷川 潔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加