「麒麟がくる」足利義昭が上洛...第28回あらすじ 新しき幕府

「麒麟がくる」足利義昭が上洛...第28回あらすじ 新しき幕府

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/10/17
No image

光秀、将軍奉公衆に - (C)NHK

NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」の第28回「新しき幕府」が18日よる8時からNHKで放送予定。あらすじを紹介する。

本能寺の変を起こした戦国武将・明智光秀の知られざる半生を映画『シン・ゴジラ』などの長谷川博己主演で描く本ドラマ。「新しき幕府」では足利義昭(滝藤賢一)がついに上洛を果たす。第28回より「京~伏魔殿編」に突入する。

勢いに乗った織田軍は周囲の三好勢を一掃。活躍が認められた光秀は将軍奉公衆に取り立てられる。先の将軍・義輝暗殺に関与していた疑いのある松永(吉田鋼太郎)の処分を巡って織田側と三淵ら奉公衆の意見が割れるが、義昭は信長(染谷将太)の意見に従うという立場をとる。

No image

(C)NHK

その代わりとして幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門(片岡鶴太郎)に任せることを認めてほしいという義昭。光秀と藤孝(眞島秀和)は、幕府を腐らせてきた張本人ともいえる摂津の再起用に胸騒ぎを覚える……。(編集部・海江田宗)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加