泉佐野市とNEC、観光周遊アプリから得られる行動データなどを今後の観光施策に生かすための実証実験を実施

泉佐野市とNEC、観光周遊アプリから得られる行動データなどを今後の観光施策に生かすための実証実験を実施

  • クラウド Watch
  • 更新日:2022/11/25

泉佐野市と日本電気株式会社(以下、NEC)は25日、観光を通じた泉佐野市の活性化に向けて、観光関連情報などを発信する観光周遊アプリを活用し、アプリから得られる行動データなどを観光施策に生かすための実証実験を、12月1日に開始すると発表した。

大阪府、府内43市町村、企業、大学、シビックテックなどで設立した「大阪スマートシティパートナーズフォーラム」において、NECは「インバウンド・観光の再生」プロジェクトのコーディネーターを務めている。

この活動の一環として、泉佐野市とNECは2021年7月に「持続可能な新しい観光地域づくりに関する連携協定」を締結し、観光サービス向上と地域経済活性化に向けてI、CTを活用した新しい観光サービスの提供と、データ利活用による観光活性化施策の検証を行っている。2021年度は、シェアサイクルとその位置情報をもとに、おすすめ観光情報をスマートフォンに配信する実証実験を実施し、利用者の周遊履歴やユーザー属性ごとの反応などを見える化した。

実証実験の第二弾となる今回は、泉佐野市内のさらなる周遊促進を目的に、観光周遊アプリから得られる行動データなどを、今後の観光施策に生かすための実証実験を行う。

実証実験では、「観光周遊アプリの活用」「シェアサイクルの運営」「メディアの活用」の3つの施策を通じて行動データなどを取得し、施策の検証を行う。

観光周遊アプリの活用では、アプリを介してゲーム感覚で観光スポットなどを巡るミッションを開催し、利用者の周遊を促す。アプリでは泉佐野市の観光スポット情報やクーポン、シェアサイクルのポート情報なども取得でき、市内を周遊するためのサポートも行う。アプリは「NEC 応援経済圏構築プラットフォーム」をベースにWeb上で利用でき、スマホへの新たなインストールを不要にした。

シェアサイクルの運営では、2021年7月から泉佐野市内で実証展開中の「PiPPAシェアサイクル」を継続設置する。観光周遊アプリを通してシェアサイクルの周知・利用を促し、観光スポットを周遊する際の移動の利便性向上を図る。

メディアの活用では、おでかけ情報サービス「aumo(アウモ)」と連携し、泉佐野市の観光情報を特集ページで発信する。泉佐野市内の観光スポットのさらなる認知向上を図り、利用者の周遊を促進する。

泉佐野市とNECは取り組みを通して、最新のICTやデータを活用した実証実験を進め、泉佐野市の地域観光の活性化を推進していくとしている。

No image

観光周遊アプリ画面イメージ(ホーム画面、スタンプラリーコース一覧、コース詳細)

No image

PiPPAシェアサイクル駐輪ポートのイメージ

三柳 英樹

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加