ココリコ・遠藤の妻、大量の服を売却した結果「お昼代くらいにはなった」

ココリコ・遠藤の妻、大量の服を売却した結果「お昼代くらいにはなった」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2021/11/25
No image

お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造の妻・まさみさんが24日に自身のアメブロを更新。大量の服を売却した結果を明かした。

【動画】エモすぎる!小3娘が作った“切なすぎる”短歌

この日、まさみさんは自身の洋服の整理をしたことを報告し「出産前からある洋服は 出産してからまた着ようーって思って保管しておいた」と説明。しかし「子供ができたらこんなキレイめで派手な洋服の出番は一切無し」と着る機会がなくなった洋服の写真を公開し、「走り回る子供たちを追いかける為にヒール無しの靴じゃないとダメだし 公園とかで動き回って汚れるからお高い洋服なんて着れない」とつづった。

続けて「2年間も着ていない服はもぅ着ないよね?」と述べ、「かなりの量の洋服をリサイクルショップに持っていきました!」と報告。買取価格については「全部で1150円」と明かし、「お昼代くらいにはなったぜ」と満足そうにつづった。

一方で、次男・歌楽(うた)くんのコートと知育パズルを購入したことを写真とともに説明し「合計 1760円の商品を買ってしまった」と告白。「結局、マイナス」と述べつつ「母の物を売って子供たちに役立つ物を買ったから良しとしよう」と前向きにつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「買い物上手」「母の愛情ですね」「自分のことよりも子どもに貢ぎますよね」などのコメントが寄せられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加